格安SIM業者は今ではたくさんありますが、それぞれの業者が色々なサービスや特徴を持っており、どこの業者を選べば良いのか悩んでしまいますよね。

こちらではその格安SIM業者のプランやサービスをみていきながら選び方をご紹介いたします。

格安SIMってどんなもの?

格安SIMとは簡単に説明をするとスマホ端末を利用する前に必ず挿れるSIMカードの事を言います。

よくdocomo、au、SoftBankなどのキャリアでスマホ端末の機種変更をする時に必ず目にしますよね。それです!

また、そのSIMカードがないと音声通話やデータ通信などを使う事ができませんが、なぜ格安かと言うと一般的にキャリアなどの月額料金などと比べると格安で利用する事ができるからなのです。だから格安SIMと言います。

またMVNOと言う言葉を目したり聞いたりした事があると思いますがMVNOとは格安SIMカードを提供している通信業者(格安SIM業者)の事を言います。

では格安SIMにはどんなタイプのSIMカードがあるか見ていきましょう。

格安SIMカードのタイプは3つだけ

格安SIMには3つのタイプがあります。
このたった3つのポイントを知るだけで利用したいSIMカードがなんなのかがすぐにわかります。

  • 音声通話ができるSIM
  • データ通信ができるSIM
  • データ通信+SMSができるSIM

音声通話対応SIMでできる事

音声通話対応SIM
データ通信 音声通話 SMS

今使っている電話番号をそのまま引き継げる

音声通話SIMカードでは090/080.070から始まる電話番号で通話ができるので他社からMVNOへMNP(乗り換え)転入をすれば今使っている電話番号が、そのまま利用する事ができます。

データ通信対応SIMカードでできる事

データ通信対応SIM
データ通信 音声通話 SMS
× ×

インターネットなどのデータ通信が利用できる

データ通信SIMカードでは音声通話の利用ができませんがデータ通信のみ利用ができます。

一部の格安SIMでは050などのIP電話を利用できる

データ通信SIMカードは音声通話の利用はできないとお伝えしましたが、選ぶMVNOによってはプレフィックスなどに対応しているIP電話を利用して通話をする事が可能です。

また050から始まるIP電話には「MVNOの通話アプリ」などをダウンロードする必要がありますが通話料を半額にする事ができるので月額料金の節約にもなります。

データ専用SIMでIP電話が利用できる代表的な格安SIM

  • 公式サイトへ→mineo

mineoはLaLaCallというアプリを使ってIP電話をかけるのですが通話料も安く利用する事ができる格安SIMとなっています。

データ通信+SMS対応SIMでできる事

データ通信+SMS対応SIM
データ通信 音声通話 SMS
×

ショートメールが利用できる

SMSに対応しているSIMカードではデータ通信とSMSの利用ができLINEはもちろんSNS(フェイスブック)などの本人確認を利用する方にはあると便利な機能となっています。

また選ぶMVNOによってはSMSはオプションなっていたりプラン料金に込みとなっていたり様々です。

MVNOの格安SIMカードを選ぶ前に使うスマホ端末を決める必要がある

MVNOの回線には大きく分けて3種類があります。

  • docomo回線
  • au回線
  • SoftBank回線

利用するスマホ端末がdocomoやauなどの回線に対応しているまたは互換性がある必要があります。

SIMロック解除をしないと使えない事もある

  • ドコモのスマホはdocomo回線がベスト
  • auのスマホはau回線がベスト
  • ソフトバンクのスマホはSoftBank回線がベスト

docomoで購入したスマホ端末はdocomo回線に対応しているMVNOの格安SIMカードを挿れる事でSIMロック解除をしなくても利用する事ができますがauで購入したスマホ端末をau回線のMVNOの格安SIMカードで使うには「auVoLTE対応SIMカード」と言うものをスマホ端末に挿れなければいけません。

その場合はauでSIMロック解除をしないと同じau同士であっても利用する事ができませんので注意が必要になります。

それに、ここからが重要です。

使うスマホ端末が利用したい格安SIMで回線(周波数)が対応している事が必要

たとえば!
docomoのスマホをau回線で利用しようとしても対応周波数(対応バンド)が合わないので圏外なる事がありデータ通信はもちろん通話をする事もできません。

反対の場合も同じです!

  • auのスマホをdocomo回線で利用しても通信がうまく行かない事も
  • SoftBankのスマホをauの回線で利用してもちゃんと使えないなんて事が

ですので使うスマホ端末で使える対応周波数を確認して格安SIMを選ぶようにしましょう。

と言っても少し難しい気もしますのでこちらでdocomo、au、SoftBank回線のMVNOの格安SIMをご紹介いたします。

格安SIMのMVNO一覧

docomo回線で利用できる格安SIM

  • LINEモバイル
  • mineo
  • 楽天モバイル
  • IIjmio(みおふぉん)
  • DMMモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • OCNモバイルONE
  • NifMo(ニフモ)
  • nuroモバイル
  • b-mobile
  • U-mobile

docomo回線の格安SIMではドコモで購入したスマホかSIMフリーのスマホ端末であればSIMロック解除の必要がなくそのまま利用する事ができます。

→ docomo回線の格安SIMカードの比較をみる

au回線で利用できる格安SIM

  • mineo
  • IIjmio(みおふぉん)
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル

先ほどもお伝えしましたがauのスマホ端末でau回線のMVNOの格安SIMカードを利用する場合でも「au VoLTE対応SIMカード」を利用しなければいけない時はauショップで利用するスマホ端末のSIMロック解除をしなくては利用できませんので注意してくださいね。

→ au回線の格安SIMカードの比較をみる

SoftBank回線で利用できる格安SIM

  • b-mobile
  • U-mobile
  • nuroモバイル

→ SoftBank回線の格安SIMカードの比較をみる

格安SIMの選び方

どんな格安SIM(MVNO)があるのかを見ていただきましたので次はどのように格安SIMを選べば良いのかをお伝えいたします。

電話番号をそのまま格安SIMでも利用するなら音声通話SIMを選ぶ

冒頭でもお伝えしましたが格安SIM(MVNO)でもキャリアと同じでMNP(ナンバーポータビリティサービス)ができますので、電話番号をそのまま格安SIM(MVNO)でも利用したい方は必ず音声通話SIMを選ぶようにしましょう。

通信量に合わせて格安SIMカードを選ぶ

こちらは音声通話SIMの場合でもデータ通信専用SIMの利用の場合でもデータ通信容量を選ばなければいけませんが少ないデータ量を選ぶほど月額料金を安くする事ができます。

たとえば!

自宅にWi-Fi環境やモバイルルーターなどをお持ちの方は多くの通信量は必要ないと考えられるので少ない通信量を選ぶ。

携帯の2台持ちを考えていて1台のスマホではデータ通信がメインなので多い通信量のプランを選ぶ。
などなど!

それぞれだと思いますが始めは少ない通信量を選んでおいて足りなくなったらプラン変更をして調節するなどもできますのでベストなプランを選んでみてくださいね。