データ通信専用SIMの特徴について

データ通信専用SIMは電話番号を持てない、通話ができない

データ専用SIMはデータ通信専用のSIMとなっていますので音声通話の利用ができなく090、080などの電話番号を持つ事もできません。

しかしこういった事を利用する事はできます。

メール・インターネットは利用できる

データ通信専用SIMはインターネット(データ通信)の利用ができるのでメール、ホームページの回覧やアプリのダウンロードなどができます。

また現在では、ほとんどの方が必要なLINEを使う事も可能です。

一部の格安SIMでは050などのIP電話の利用もできる

データ通信専用SIMは090や080などの音声通話の利用はできませんが050などのIP電話を利用する事が可能となっています。

データ通信専用SIMを選ぶときのポイント

利用する格安SIMの回線を選ぶ

データ通信専用SIMを選ぶ前に知っておくポイントがあります。

それは格安SIMカードを提供しているMVNOにはdocomo回線とau回線、SoftBank回線の3つがあるのはご存知でしょうか?

すでに利用したいスマホ端末をお持ちの方は、そのスマホが3つのどこの回線に対応しているかを調べる必要がありますSIMフリーのスマホ端末をすでにお持ちの方も、その端末の通信規格(対応周波数)を調べる必要があるのです。

それはなぜか?

スマホ端末にはそれぞれ対応している周波数というものがあります。そしてスマホ端末と利用する回線の周波数同士が合っている事が必要になります。

また、スマホ端末が格安SIMの周波数と合っていないのにデータ通信専用SIMを使っても通信ができない電波がないなどの問題が起きてしまうので。

  • ドコモの端末はdocomo回線のデータ通信専用SIM(MVNO)を利用する
  • auの端末はau回線のデータ通信専用SIM(MVNO)を利用する
  • ソフトバンクの端末の場合も同じです。

と言った事に気をつけましょう。

ただしiPhone端末には一部例外もあります。

  • iPhoneの場合iPhone7以上の端末は(iPhone7も含む)様々な周波数に対応している為にSIMロック解除をすれば、どこの回線でも問題なく利用する事が可能になりますのでおすすめです。

通信容量で選ぶ

データ通信専用SIMには選ぶMVNO(格安SIM)によって100MB程度の小さい通信容量から無制限(使い放題)で利用できるデータプランまで様々あります。

外では、あまりデータ通信を使わない方は通信容量の少ないプランを選ぶ事で月額料金を安く済ませられますし、家や外で毎日ネットや動画などのデータ通信を楽しみたい方は大容量プランか使い放題プランがおすすめだと言えます。

使い放題を選んだ場合の注意点

使い放題で無制限のプランには通信速度が通常のプランよりも制限されて遅い事があり動画を観るのには向いていない場合がありますので通信速度が遅くなるのが嫌な方は選ばない方がいいでしょう。

SMSが必要な方はSMS付きのデータ通信専用SIMを選ぶかオプションで付けるのがベスト

MVNOが提供している格安SIMのデータ通信専用SIMには、2種類のタイプがあるのはご存知でしょうか?

  • 1つは「データ専用のみのSIM」
  • もう1つは「データ専用SIMにSMS機能が付いたもの」

この2つです。

SMS機能にはショートメッセージを送信したりフェイスブックやLINE、ゲームアプリなどでSMS認証が使えたりと必要な方にはあると便利な機能となっています。

SMSが必要とお考えの方は必ず!

  • 「データ通信+SMS機能付き」のSIMカードを選ぶようにしましょう

(※SMSを月額100円〜200円のオプションで付ける事ができる格安SIMも中にはありますのでプランを確認する時は注意してくださいね。)

SNSがメインな方はSNSがカウントフリーになる格安SIMを選ぶと月額料金を安くできる

毎日のほとんどがLINEやSNSなどのFacebook、Twitter、Instagram、などをメインで利用するのがほとんどの方はSNSの通信量をカウントしない料金プランを選ぶかオプションを付ける事で月額料金をかなり安くする事ができます。

SNSを利用するならおすすめの格安SIM

  • LINEモバイルはSNSの通信量をカウントしない料金プランあり
  • BIGLOBEモバイルはオプション(月額料金が必要)を付けるとSNSが使い放題になる

データ通信専用SIMが利用できるおすすめ格安SIM一覧

LINEモバイル

  • docomo回線
  • SNSがカウントフリー
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

LINEモバイルはLINEフリープランならLINEが使い放題でコミュニケーションフリープランならLINE、Facebook、インスタグラム、Twitterなどの通信量が消費しないおすすめなプランとなっています。また通信量を使い切っても使い放題担っているSNSは高速通信で利用する事ができます。

LINEモバイルの料金プラン

  • docomo回線
プラン名 通信容量 月額料金
LINEフリープラン 1GB 500円
コミュニケーション
フリープラン
3GB 1,110円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円

LINEフリープランは120円追加でSMS機能が使えコミュニケーションフリープランではプラン込みの料金になっている。

IIjmio(みおふぉん)

  • docomo回線(データ通信SIMあり)
  • au回線(データ通信SIMなし)
  • 大容量オプションあり
  • 高速通信のON/OFFができる
  • バースト転送機能あり
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

IIjmio(みおふぉん)ではdocomo回線とau回線が利用できるマルチキャリアに対応している格安SIMでシンプルな3つのプランが特徴です。また通信速度を高速か低速かの切り替え(ON/OFF)ができ低速の場合はデータ量(クーポン)を節約する事もでるおすすめの格安SIMです。

IIjmio(みおふぉん)の料金プラン

  • docomo回線
  • au回線
プラン名 通信量 月額料金
ミニマムスタート 3GB 900円
ライトスタート 6GB 1,520円
ファミリーシェア 10GB 2,560円

データ通信専用SIMはdocomo回線のタイプDのみとなっていますがSMS機能付きSIMではdocomo、au回線のどちらでも利用する事が可能です。

楽天モバイル

  • docomo回線
  • データ専用SIMと050データ専用SIM(SMSあり)が選べる
  • 高速通信のON/OFFができる
  • 大容量プランあり
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

楽天モバイルではデータ専用SIMが利用できるのは「組み合わせプラン」のみとなっており050のIP電話が利用できるデータ専用SIM(SMS機能付き)も用意されていますので楽天グループが提供しているViberアプリを使って電話をかける事ができおすすめです。

楽天モバイルの料金プラン

  • docomo回線
プラン名 通信量 月額料金
組み合わせプラン
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 525円
3.1GB 900円
5GB 1,450円
10GB 2,260円
20GB 4,050円
30GB 5,450円

楽天モバイルでSMSを利用するには050データSIMを選ぶ必要がありますが050の電話番号が持てるので通話のできるデータ専用プランとなります。
(ベーシックプランは通信速度が200Kbpsに制限されます。)

mineo

  • docomo、au回線
  • データ専用SIMでも050のIP電話(LaLa Call)が使える
  • mineoスイッチで高速通信のON/OFFができる
  • バースト転送機能あり
  • 500MBの通信量が選べる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

mineoはケイオプティコムが提供するサービスとなっておりdocomo回線とau回線の両方が利用できるMVNOとなっています。またmineoでは余ったパケットを分け合う事ができるフリータンクにパケットシェア、困った事などがあると相談ができるマイネ王などが準備された利用者に評判のおすすめの格安SIMとなっています。

mineoの料金プラン

  • docomo回線
  • au回線
プラン名 通信容量 月額料金 回線
シングルタイプ
(データ通信)
500MB 700円 docomo

au

1GB 800円
3GB 900円
6GB 1,580円
10GB 2,520円
20GB 3,980円
30GB 5,900円

mineoはdocomo(Dプラン)、au(Aプラン)のどちらでもデータ専用SIM(シングルタイプ)の利用ができますがAプランではSMSがプラン料金に込みとなっておりDプランではSMSは月額120円のオプションとなっています。

U-mobile

  • docomo、SoftBank回線
  • LTEが使い放題のプランあり
  • データ容量が1GB以下だと月々680円〜使える

U-mobileはデータ量が1GB以下〜25GBまで利用できるプランやLTEが使い放題の料金プランまで用意された格安SIMとなっています。またU-mobile SプランではソフトバンクのiPhone5〜の端末とiPadやiPad nimi端末まで利用ができるMVNOとなっていますのでアップル製品を利用したい方にはおすすめです。

U-mobileの料金プラン

  • docomo回線
  • SoftBank回線
プラン名 通信容量 月額料金
U-mobile
データSIM
ダブルフィックス
1GB以下〜
1GB超え
680円〜
980円
1GB 790円
5GB 1,480円
LTE使い放題 2,480円
U-mobile MAX
データ通信
25GB 2,380円
U-mobile S
データ専用
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB  2,980円
30GB 4,980円

U-mobile(データSIM)とU-mobile MAXの(データ通信)は月額料金が150円でSMSの利用ができますがU-mobile S
(データ専用)ではSMSの利用ができません。

(U-mobileではどのプランでも余ったデータ量の繰り越しには対応はしていません。)

UQmobile

uqモバイル

  • au回線
  • 月額料金が無料で1日200通までSMSを送信できる
  • 他社のau回線では利用できなかった一部のauスマホでテザリングができる
  • 通信速度がMVNOでは最速

UQモバイルはau回線のみとなっているMVNOですがSMSの料金が無料、通信速度が速い、キャンペーンがりお得がたくさんあるのがおすすめポイントとなっています。またデータ専用SIMでは通信量が無制限のプランまで用意されている格安SIMとなっています。

UQmobileの料金プラン

  • au回線
プラン名 通信容量 月額料金
データ高速プラン 3GB 980円
データ無制限プラン 無制限 1,980円

UQモバイルのデータ無制限プランでは通信速度が500Kbpsに制限されています。
またSMSは月額料金が無料で利用できます。

BIGLOBEモバイル

  • docomo、au回線
  • エンタメフリーオプションで動画と音楽が使い放題になる
  • 大容量プランあり
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

BIGLOBEモバイルはマルチキャリアに対応しておりエンタメフリー・オプション(月額料金480円)に加入すると「YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT」などの動画や音楽が通信量を消費しないで使えるお得な格安SIMとなっています。また大容量のプランも用意されておりSIMカードを追加すれば家族と通信量を分け合う事ができるおすすめのMVNOとなっています。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • docomo回線
  • au回線
プラン名 通信容量 月額料金
データSIM
タイプD
3GB 900円
6GB 1,450円
12GB 1,700円
20GB 4,500円
30GB 6,750円

データ専用SIMはdocomo(タイプD)のみとなっていますがSMSの利用はdocomo(タイプD)au(タイプA)のどちらでも利用する事が可能です。

DMMモバイル

  • docomo回線
  • バースト機能あり(3日間の通信量が合計366MBを超えると制限される)
  • 定額料金でSNSが使い放題になるオプションあり
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

DMMモバイルはdocomo回線が利用できる格安SIMとなっていますが通常のシングルプランから複数のSIMで通信量をシェアできるシェアプランまで」用意された料金プランが特徴となっているおすすめのMVNOとなっています。

DMMモバイルの料金プラン

  • docomo回線

シングルコース

プラン名 通信容量 月額料金
シングルコース ライト 440円
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円
8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,280円
20GB 3,980円

シェアコースの料金

プラン 8GB 10GB 15GB 20GB
シェアプラン
データ通信SIM
最大3枚プラン
1,980円 2,190円 3,280円 3,980円

DMMモバイルのライトプランは最大通信速度が200Kbpsとなります。
SMSについてはデータSIMプランのみ利用できますが月額料金が150円かかります。

エキサイトモバイル

  • docomo回線
  • 高速通信のON/OFFができる
  • バースト転送機能あり
  • 使った分でけの料金プランがある
  • SIMカードを複数持てるから家族と通信量を分け合える
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

エキサイトモバイルはデータ専用SIMのみの料金が標準となっているプランが特徴です。そして音声通話を利用するにはオプション(月額700円)で付ける変わった格安SIMとなっています。またデータ専用SIMでは使った分だけ支払うおすすめのプランと定額制のプランの2つが用意されています。また高速通信のON/OFFが利用できバースト転送機能もついているので低速通信時でも快適にネットを回覧することが可能なMVNOです。

エキサイトモバイルの料金プラン

  • docomo回線

定額プラン

プラン名 通信容量 SIM1枚
コース
SIM3枚
コース
定額プラン 0MB 650円
1MB 670円 1,260円
2GB 770円 1,450円
3GB 900円 1,680円
9GB 2,250円 2,460円
20GB 3,980円 4,480円
30GB 5,980円 6,580円
40GB 7,980円 8,580円
50GB 10,180円 10,680円

最適料金プラン

プラン名 通信容量 SIM1枚
コース
SIM3枚
コース
最適料金プラン 低速通信 500円
〜100MB 1,050円
〜500MB 630円 1,100円
1GB 660円 1,180円
2GB 770円 1,340円
3GB 880円 1,550円
4GB 1,150円 1,780円
5GB 1,450円 1,890円
6GB 1,600円 1,950円
7GB 1,900円 2,100円
8GB 2,120円 2,190円
9GB 2,200円 2,380円
10GB 2,380円 2,540円
11GB 2,830円
12GB 3,100円
13GB 3,450円
14GB 3,790円
15GB 3,980円

SMS機能を利用するにはSIM1枚あたり月額140円が必要となります。

OCNモバイルONE

  • docomo回線
  • 高速通信のON/OFFができる
  • バースト転送機能あり
  • 3GBからのプランは余ったデータ容量を翌月に繰り越しができる
  • SMS対応プランあり

NTTコミュニケーションズが運営しているOCNモバイルONEは「OCN光」と合わせると月額料金が200円安くなるお得な格安SIMとなていますが、データ専用SIMプランには「日割りコース」と決められた通信量を選べる「標準コース」の2つが用意されています。また大容量コースでは最大通信速度が500Kbpsと制限されますが通信量が15GB利用できて月額料金が2,000円以内で使えるおすすめのMVNOとなっています。

OCNモバイルONEの料金プラン

  • docomo回線
プラン名 通信容量 月額料金
日割りコース 110MB 900円
170MB 1,380円
低速大容量 15GB 1,800円
標準コース 3GB 1,110円
6GB 1,450円
10GB 2,300円
20GB 4,150円
30GB 6,050円

低速大容量コースは最大通信速度が500Kbpsとなっています。
またSMSの利用にはSMS対応SIMプランを選ぶ事で使う事が可能です。

NifMo(ニフモ)

  • docomo回線
  • NifMoバリュープログラムでお得になる
  • バースト転送機能あり
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

NifMo(ニフモ)は高速通信のON/OFFの利用はできませんが最大通信速度が低速になった場合にバースト転送機能を使う事でネットの回覧などを比較的ストレスがなく観ることができる格安SIMとなっています。またバリュープログラムで買い物をすればするほど月額料金が安くなるサービスも用意されているMVNOとなっています。

NifMo(ニフモ)の料金プラン

  • docomo回線
プラン名 通信容量 月額料金
データ通信
専用SIMカード
3GB 900円
7GB 1,600円
13GB 2,800円

NifMo(二フモ)でSMSを利用する場合はSMS対応SIMカードプランを利用する必要がありますが利用開始月の月額料金は無料となりお得です。

b-mobile

  • データ専用SIMはSoftBank回線のみ
  • iPhone端末が利用できる
  • iPad端末が利用できる

b-mobileはdocomo回線の利用も用意されていますがデータ専用SIMではSoftBank回線のみの利用となっていますがSIMロック解除をしていないiPhoneやiPad端末をそのまま使う事ができるのがポイントなMVNOとなています。今まで家に眠っているiPhoneやiPad端末をお持ちの方は利用価値のある格安SIMといえます。

b-mobileの料金プラン

  • SoftBank回線

iPad SIMプラン

プラン名 通信容量 月額料金
iPad SIM 100MB 190円
1GBまで 540円
2GB 890円
3GB 1,240円
4GB 1,590円
5GB 1,940円
6GB 2,290円
7GB 2,640円
8GB 2,990円
9GB 3,340円
10GB 3,690円

開幕SIM

プラン名 通信量 月額料金
開幕SIM 1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

どちらのプランもSMSの利用ができません。

nuroモバイル

  • docomo、SoftBank回線
  • バースト転送機能あり
  • なくなった通信量は翌月から前借りできる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しができる

nuroモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の両方でデータ専用SIMが使えるMVNOとなっており2GB〜10GBの選べる通信量はもちろんデータ量を使い切った時は翌月のプラン量から前借りできるサービスがポイントとなっております。これは他社の格安SIMではないサービスですので高速容量をたまに有料でチャージする方にはおすすめなMVNOかもしれません。

nuroモバイルの料金プラン

  • docomo回線
  • SoftBank回線
プラン名 通信容量 月額料金
ドコモ回線 2GB 700円
ソフトバンク 980円
ドコモ回線 3GB 900円
4GB 1,100円
ドコモ回線 5GB 1,300円
ソフトバンク回線 1,780円
ドコモ回線 6GB 1,500円
7GB 1,700円
8GB 1,900円
9GB 2,100円
10GB 2,300円

SMSの利用はdocomo回線のみとなっています。