SIMフリーとドコモ、au、ソフトバンクのキャリアで購入したiPhone7(7 Plus)をIIJmio(みおふぉん)で使う方法とau回線で使う場合のテザリングについての注意点!通信エリアについてのメリットなどをお伝えいたします。

結論をお話いたしますとau回線(タイプA)よりもドコモ回線(タイプD)でiPhone7を使う方がおすすめな結果となりました。

iPhone7/7 PlusはIIJmio(みおふぉん)で使える?


キャリアで購入したiPhone7/7 PlusはIIJmio(みおふぉん)で使うことができるのか?

またiPhone7を使った場合、通話(電話)、インターネット(データ通信)はもちろんテザリングなどはできるのか!など詳しくみていきましょう。

IIJmio(みおふぉん)の公式サイトをみる

IIJmio(みおふぉん)でiPhone7(7 Plus)の動作確認

  • au回線(タイプA)
iPhone7 動作確認iOS 11.2.1 (15C153)
音声通話(電話)
データ通信
テザリング ×
モデル番号 A1779
iPhone7 Plus 動作確認iOS 11.2.1 (15C153)
音声通話(電話)
データ通信
テザリング ×
モデル番号 A1785
  • ドコモ回線(タイプD)
iPhone7 動作確認iOS 11.2.1 (15C153)
音声通話(電話)
データ通信
テザリング
モデル番号 A1779
iPhone7 Plus 動作確認iOS 11.2.1 (15C153)
音声通話(電話)
データ通信
テザリング
モデル番号 A1785

iPhone7はIIJmio(みおふぉん)で使うことができる

(2017年12月記載)
こちらの動作確認表はIIJmio(みおふぉん)の公式サイトに記載してある情報をこちらでも載せましたがドコモとau、ソフトバンクで購入したiPhone7/7 Plus、アップルストアで購入したSIMフリー端末のiPhone7/7 Plusは全て電話(音声通話)やインターネット(データ通信)にテザリングの利用ができると記載してありますので大丈夫です。

そして格安SIMでは、どこよりも早く最新のiOS 11.2.1 (15C153)で動作確認がされていますので安心して使えます。

iPhone7(7 Plus)をIIJmio(みおふぉん)で使う方法

ドコモのiPhone7(7 Plus)はそのままで使える

  • ドコモのiPhone7はそのままで利用が可能
  • IIJmio(みおふぉん)でau回線(タイプA)でドコモのiPhone7を使うにはSIMロック解除が必要

IIJmio(みおふぉん)ではドコモ回線(タイプD)があるのでドコモのiPhone7(7 Plus)はSIMロック解除をしなくてもそのまま使う事ができます。

ただしau回線(タイプA)でドコモのiPhone7を使う場合はSIMロック解除をする必要があります。

ドコモでSIMロック解除をする方法

  • 製造番号を確認する。

iPhone7は「設定」から「情報」をクリックしIMEIに記載されている番号をコピーしておく。

  • WEBでMy docomoに行きオンライン手続きをする。


ドコモオンライン手続きから、その他をクリックしSIMロック解除のお手続きへ。
パソコンからのお手続きしかできませんのでご注意ください!

  • 先ほどのIMEI記載番号を入力し申し込む。

ポイントSIMロック解除をするにはiPhone7を購入してから100日経っているか端末代金が全て払い終わっている事が条件です。

そしてWEBからSIMロック解除の手続きをすると事務手数料が無料になるのでおすすめです。

auのiPhone7(7 Plus)はSIMロック解除が必要

  • IIJmio(みおふぉん)でドコモ回線(タイプD)とau回線の(タイプA)をiPhone7を使うにはSIMロック解除が必要

IIJmio(みおふぉん)ではau回線(タイプA)がありますがiPhone7(7 Plus)はSIMロック解除をしなくては使う事ができません。

またドコモ回線(タイプD)でauのiPhone7を使う場合のSIMロック解除をする必要があります。

auでSIMロック解除をする方法

  • 製造番号を確認する。

auのiPhone場合!設定から情報をクリックしIMEIかMEIDに記載されている番号をコピーしておく。

  • WEBの場合はauお客様サポート(SIMロック解除のお手続き)でSIMロック解除ができるか調べる。


auの場合はこの画面からSIMロック解除ができる場合のみ専用画面に移動できます。

  • SIMロック解除を申し込む。

ポイントSIMロック解除をするにはiPhone7を購入してから101日経っているか端末代金が全て払い終わっている事が条件です。

ソフトバンクのiPhone7(7 Plus)はSIMロック解除が必要

  • ソフトバンクのiPhone7はSIMロック解除をしないとIIJmio(みおふぉん)を使えない
  • SIMロック解除をするとドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)のどちらも使える

IIJmio(みおふぉん)ではソフトバンク回線に対応していないためにソフトバンクのiPhone7(7 Plus)はSIMロック解除をしなくては使う事ができません。

しかし後ほど解説いたしますがキャリアのiPhone7はSIMロック解除をするとアップルストアで購入したSIMフリー端末と同じ端末になりますので、それぞれのキャリアであった周波数帯域(通信エリア)などを気にする必要もなくドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)のどちらでも使う事ができます。

SoftBank(ソフトバンク)でSIMロック解除をする方法

  • 製造番号を確認する。

iPhone7は設定から情報をクリックしIMEIに記載されている番号をコピーしておく。

  • WEBの場合はMy softbankに行きオンライン手続きをする


契約内容の確認・変更からログインをしSIMロック解除手続きに行き先ほどのIMEI記載番号を入力し解除コードを発行しましょう。

  • 利用したいSIMカードを挿入してロックを解除する。

利用したいSIMカードをスマホに挿入し電源をONにすると、先ほど発行した解除コードを入力する画面が表示されますので解除コードを入力してロックを解除するだけです。

アップルストアで購入したiPhone7(SIMフリー)はそのまま使える

  • SIMフリー端末なのでドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)のどちらも使える

今もお伝えしましたがアップルストアで購入したiPhone7は初めからSIMフリー端末となっていますので周波数帯域(通信エリア)などを気にする必要もなくドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)のどちらでも使う事ができます。

iPhone7は、かなり万能な機種だと言えますね。

IIJmio(みおふぉん)でiPhone7を使うプランを決める

IIJmio(みおふぉん)ではシンプルな3つから利用したいプランを選べます。

ドコモ回線を使うにはタイプD

プラン ミニマムスタート ライトスタート ファミリーシェア
データ容量 3GB 6GB 10GB
データ通信専用SIM 900円〜 1,520円〜 2,560円〜
SMS機能付きSIM 1,040円〜 1,660円〜 2,700円〜
音声通話機能付きSIM

(みおふぉん)

1,600円〜 2,220円〜 3,260円〜

ドコモ(タイプD)の特徴はデータ通信専用のSIMだけを契約できるところです。

au回線を選ぶにはタイプA

プラン ミニマムスタート ライトスタート ファミリーシェア
データ容量 3GB 6GB 10GB
SMS機能付きSIM 900円〜 1,6520円〜 2,560円〜
音声通話機能付きSIM

(みおふぉん)

1,600円〜 2,220円〜 3,260円〜

au回線(タイプA)はドコモ回線(タイプD)とは違いデータ通信専用のSIMを契約する事はできません。

IIJmio(みおふぉん)でプランを選ぶときの注意点(メリット・デメリット)

IIJmio(みおふぉん)で2つのプランを選ぶメリット

  • 住んでいる地域で使いたい通信エリアを選ぶ事ができる

普段iPhone7/7Plusを使うエリアがドコモの通信エリアに強い場合にはIIJmio(みおふぉん)でドコモ回線のタイプDを契約して使うことで圏外に悩まされる心配がありません。

また普段iPhone7/7Plusを使うエリアがauの通信エリアに強い場合にはIIJmio(みおふぉん)でau回線のタイプAを契約して使うことで圏外に悩まされる心配がなくなると言えますよね。

iPhone7(7 Plus)の利用可能な周波数帯域を比較

周波数 IIJmio(みおふぉん)

(ドコモ)

IIJmio(みおふぉん)

(au)

iPhone7/7 Plus
Band 1 2.1GHz LTE LTE
Band 3 1.7/1.8GHz LTE
Band 8 900MHz
Band 11 1.5GHz LTE
Band 18 800MHz LTE
Band 19 800MHz LTE
Band 21 1.5GHz LTE
Band 26 800MHz LTE
Band 28 700MHz LTE LTE

iPhone7/7 Plusの「◯」はSIMロック解除をすれば対応できる周波数帯域となります。

ドコモ回線、au回線のどちらの回線を選んでも使えるのはマルチキャリアに対応しているIIJmio(みおふぉん)ならではだと言えますね。

IIJmio(みおふぉん)で2つのプランを選ぶデメリット

  • Aタイプはテザリングができない
  • Dタイプしかテザリングができない

IIJmio(みおふぉん)で2つの通信エリアを選べるのはメリットなのですが動作確認でお伝えしました通りau回線(タイプA)ではiPhone7でテザリングができません。

ですのでiPhone7でテザリングを利用したい方にはドコモ回線(タイプD)を選ぶことで解決ができます。

IIJmio(みおふぉん)でiPhone7を使うには設定が必要

APN設定

iPhone7のAPN設定をする

iPhone7/7 PlusをIIJmio(みおふぉん)に申し込みをし新しいナノSIMカードが到着しましたらAPN設定をしなくてはいけません。

このAPN設定をしないとインターネット(データ通信)を使うことができないので必ずやっておきましょう。

iPhone(iOS)のAPNの設定方法は動画の初期設定ガイドで詳しく解説しています。

まとめ

iPhone7/7 PlusはSIMロック解除をすると万能なスマホ端末になるのでマルチキャリアのIIJmio(みおふぉん)では問題なく使う事ができましたね。

しかしau回線(タイプA)ではテザリングが使えないためにテザリングを使う事が絶対条件な方にはドコモ回線(タイプD)を利用することをおすすめいたします。

IIJmio(みおふぉん)の公式サイトをみる