こちらではLINEモバイルで動作確認がされている全てのアンドロイドまたはiPhone端末や動作確認に使われたiOSも記載しています。

またテザリングを使いすぎて通信容量がなくなった時の対処法なども、いくつか提案しています。

ぜひLINEモバイルでテザリングを使う前の参考にしてください。

テザリングとは?


テザリングって言葉はよく聞くことってありますよね。

簡単に説明をしますので覚えておいてくださいね。

テザリングとはiPhoneやAndroidスマホなどのスマホ端末から電波を飛ばしてパソコンなどでインターネット(データ通信)ができることです。

またiPhoneやAndroid端末をモバイルWi-Fiルーターとして使ってパソコンやiPadなどのタブレット端末、PSP、Nintendo DS、プレイステーションなどのゲーム機器または、スマホからスマホなどに電波を飛ばして共有してインターネットをすることができます。

またテザリングは3つのこんな方法で利用することができます。

  • Wi-Fiでテザリングをする方法
  • Bluetoothでテザリングをする方法
  • USBでテザリングをする方法

このテザリングはキャリアなどではテザリングオプションに加入して、ひと月約500円の月額料金を払って利用しなければいけませんがLINEモバイルではオプションに申し込む必要もなく無料で使うことができるのです。

LINEモバイルでテザリングができる端末は?

テザリングができるiPhone一覧

キャリアから乗り換えてLINEモバイルでiPhoneを使おうかと考えている方で気になるのがテザリングですよね。

LINEモバイルでは一部のiPhoneでテザリングをする事はできますので動作確認端末を見ていきましょう。

SIMフリー ドコモ au ソフトバンク
iPhone X 端末番号 A1902
テザリング 記載なし
動作確認iOS 11.1 11.0
SIMロック解除 必要なし
iPhone8 Plus 端末番号 A1989
テザリング 記載なし
動作確認iOS 11.0 11.0
SIMロック解除 必要なし
iPhone8 端末番号 A1906
テザリング 記載なし
動作確認iOS 11.0 11.1
SIMロック解除 必要なし
iPhone7 Plus 端末番号 A1785
テザリング
動作確認iOS 10.0.2 10.1.1 10.3.3 10.3.3
SIMロック解除 必要なし 必要
iPhone7 端末番号 A1785
テザリング
動作確認iOS 11.0 10.0.2 10.3.3 10.3.3
SIMロック解除 必要なし 必要
iPhone SE 端末番号 A1723
テザリング
動作確認iOS 11.0 9.3 10.3.3 10.3.3
SIMロック解除 必要なし 必要
iPhone6s Plus 端末番号 A1687
テザリング
動作確認iOS 9.1 9.3 10.3.3 10.3.3
SIMロック解除 必要なし 必要
iPhone6s 端末番号 A1688
テザリング
動作確認iOS 9.3.2 11.0 10.3.1 10.2.3
SIMロック解除 必要なし 必要
iPhone6 Plus 端末番号 A1524
テザリング 記載なし
動作確認iOS 9.3 9.3
SIMロック解除 必要なし
iPhone6 端末番号 A1586
テザリング 記載なし
動作確認iOS 9.3.1 11.0
SIMロック解除 必要なし
iPhone5s 端末番号 A1453
テザリング 記載なし
動作確認iOS 9.2.1 10.0.2
SIMロック解除 必要なし
iPhone5c 端末番号 A1456
テザリング 記載なし
動作確認iOS 10.2.1 10.2.1
SIMロック解除 必要なし
iPhone5 端末番号 A1785
テザリング  記載なし
動作確認iOS 10.2.1
SIMロック解除  必要なし
SIMサイズ ナノSIM

iPhone5はSIMフリー端末しかテザリングができないものとなっています。

またiPhone5c/5s/6/6 Plus/8/8 Plus/Xはauとソフトバンク端末はテザリングの動作確認がされていませんがiPhone8とXは使いうちに動作確認をLINEモバイルでもされテザリングが使えるようになると考えています。

ただしテザリングができるiPhone端末は動作確認をしているiOSが2017年12月現在のiOSよりも古いのでiOSをアップデートした場合にテザリングが利用できるかはLINEモバイルに問い合わせをしていただくのがおすすめです。

しかしこちらに記載している動作確認iOSだとテザリングを使えると言うことですので必要のない新しいアップデート更新をしない限りはテザリングを使い続けられると言うものでもありますね。

テザリングができるアンドロイド一覧

  • Galaxy

Galaxy Feel SC-04J
Galaxy Note8 SC-01K
Galaxy S7 edge SC-02H
Galaxy S8 SC-02J
Galaxy S8+ SC-03J

  • Xperia

Xperia J1 Compact
Xperia X Compact SO-02J
Xperia X Performance SO-04H
Xperia XZ Premium SO-04J
Xperia XZ SO-01J
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia XZs SO-03J

  • AQUOS

AQUOS Compact SH-02H
AQUOS mini SH-M03
AQUOS R SH-03J
AQUOS sense lite SH-M05
AQUOS sense SH-01K
AQUOS ZETA SH-01H
AQUOS ZETA SH-04H
AQUOS ZETA SH-M01
AQUOS SH-M04-A
こちらは2017年12月現在テザリングができるアンドロイド端末を記載しています。

またテザリングができるのはSIMフリーかドコモのアンドロイド端末となっていますがLINEモバイルで利用したいアンドロイドがある場合は動作確認済み端末から確認をお願いいたします。

テザリングを使うならLINEモバイルでSIMフリー端末を買うのも1つの手


今お使いのアンドロイドやiPhoneがテザリングに対応していなくてどうしてもテザリングを使いたい方にはLINEモバイルで端末を購入することもありだと言えます。
2017年12月現在購入できてテザリングができる格安スマホはこちらです。

  • SHARP AQUOS sense lite SH-M05
  • ASUS ZenFone4 Max
  • ZTE Blade V8
  • Zenfone4 Selfie Pro
  • HUAWEI MediaPad T3
  • FUJITSU arrows M04
  • BLU GRAND X LTE
  • HUAWEI P10
  • VAIO Phone A
  • HUAWEI nova lite
  • ZTE Blade E01

こちらのテザリングができる格安スマホは全てSIMフリー端末となっていますのでLINEモバイルのSIMを入れるだけで使えるようになっています。

LINEモバイルでテザリングを使うメリット


テザリングを使うメリットの1つがwimaxやポケットwi-fiなどを持ち歩かなくてもよくアンドロイドスマホやiPhone端末があり電波が入るところだと、すぐにパソコンなどでインターネット(データ通信)が使えると言う点です。

しかもwimaxやポケットwi-fiは端末を購入するコストやプロバイダなどと契約をしないと使うことができないので毎月の通信料金がかさみますがLINEモバイルなら少し容量の多いプランを利用することで解決ができると言えます。

またLINEモバイルはドコモ回線を利用しているので通信エリアがドコモと同じですので圏外に悩まされる事もありません。

LINEモバイルはドコモと同じ通信エリアでテザリングが使いやすい

先ほどもお伝えいたしましたwimaxの場合だとビルが密集していたり建物の奥などでインターネットを利用した場合に圏外になる事がたまにあります。

しかしLINEモバイルはドコモと同じ通信エリアだと言うことでビルや建物の奥などの電波が届きにくい場所でテザリングを使っても圏外に悩まされる心配がありません。

LINEモバイルの通信エリアをご覧ください

LINEモバイルではドコモから回線を借りているのでLTEなどの通信エリアや対応周波数はドコモと同じとなっています。

ポイント

iPhone SE、iPhone X、iPhone 8、iPhone7は、様々なキャリアの周波数帯域に対応しているためにauとソフトバンクで購入した端末をSIMロック解除をすればドコモ回線のLINEモバイルでも問題なく使うことができるのです。

またLINEモバイルで購入できるSIMフリースマホやアンドロイド端末もドコモと同じ通信エリアに対応しているために問題なくテザリングを使うことができます。

  • iPhone SE〜Xで使える周波数一覧
対応周波数 LINEモバイル

(ドコモ)

au ソフトバンク iPhone

(X 8 7 SE)

Band 1 2.1GHz
Band 3 1.7/1.8GHz
Band 8 900MHz
Band 11 1.5GHz ◯(SEだけ対応なし)
Band 18 800MHz
Band 19 800MHz
Band 21 1.5GHz ◯(SEだけ対応なし)
Band 26 800MHz
Band 28 700MHz

iPhone7/7 Plusの「◯」はSIMロック解除をすれば対応できる周波数帯域となります。

LINEモバイル(ドコモ回線)での周波数帯域のポイントですが。

  • Band 1 通信できるエリアが広い
  • Band 3 大阪、名古屋、東京だけで使える周波数
  • Band 19 通信できるエリアが広くドコモが得意とする周波数でプラチナバンドとも呼ばれている
  • Band 21 もっとも通信できるスピードが速い帯域

となっています。

auとソフトバンクで購入したiPhone SE、iPhone X、iPhone 8、iPhone7はSIMロック解除をすればアップルストアで購入したSIMフリー端末と同じとなりますので通信エリアを気にする事もなくLINEモバイルでテザリングを使う事がわかっていただけたと思います。

LINEモバイルではテザリングに月額料金がかからない

  • キャリアなら月額料金が500円かかる
  • LINEモバイルなら無料で使える

初めにもお伝えいたしましたが一部のキャリアなどでテザリングを利用するとなると申し込みをし約500円の月額料金を払って使うことがありますがLINEモバイルでは申し込みなどの面倒な事もせずにテザリングを使う事ができます。

などで、ひと月に約500円も節約できるのですから1つ上のプランでLINEモバイルを使うのもありだとおもいませんか。

テザリングを使ってもSNSなどはカウントフリー


LINEモバイルではLINEフリープランならLINEをいくら使ってもデータ通信量がカウントされない仕組みになっており。
コミュニケーションフリープランではLINE、フェイスブック、インスタグラム、Twitterをいくら使ってもデータ通信量がカウントされないサービスとなっています。

  • LINEフリープランはLINEが使い放題
  • コミュニケーションフリープランは4つのSNSが使い放題

しかもiPhoneとアンドロイドのテザリングを使ってパソコンでSNSを見たとしてもカウントフリー機能が適用される為にSNSをたくさん使う方にはもっとも嬉しいサービスだと言えます。

LINEモバイルでテザリングを使かうには?

LINERモバイルでテザリングを使うにはドコモで購入したiPhone端末かSIMフリーのiPhone端末である事が条件になります。

またそれ以外のauとソフトバンクの動作確認がされているiPhoneはSIMロック解除をするだけでテザリングを使うことが可能です。

ドコモとSIMフリーのiPhoneはSIMロック解除をするだけ


auとソフトバンクで購入した動作確認がされているiPhone端末はSIMロック解除をすればSIMフリー端末となりますのでLINEモバイルを申し込んで新しいナノSIMを使う事でテザリングができると言う事になります。

  • auとソフトバンクで購入したiPhone7はSIMロック解除をすればテザリングができる
  • ドコモとSIMフリーiPhoneは対応していればテザリングができる

アンドロイドとSIMフリースマホはそのままで使える

ドコモのアンドロイドとLINEモバイルで購入したSIMフリースマホは申し込みをしたLINEモバイルから届いた専用のSIMをスマホに入れて使うだけでテザリングを利用できるようになります。

テザリングを使う方法


iPhone端末でテザリングを使う設定方法はWi-Fiで接続する方法とBluetoothで接続する方法とUEBで接続する方法の3種類のテザリングが使えますので1つ1つ見ていきましょう。

(一部iPhoneの機種によりテザリングの種類や操作方法が違う場合があります)

iPhoneでテザリングをする方法

  • Wi-Fiでテザリングを使う方法


iPhone端末のホーム画面にある「設定」をタップし「インターネット共有」をタップします。

次の画面で「インターネット共有」をタップします。

そして使いたいパソコンや接続をしたい機器のWi-Fi設定でiPhone7を選択しiPhone7の「インターネット共有」の下にあるWi-Fiのパスワードを入力すればテザリングが使えるようになります。

  • Bluetoothでテザリングを使う方法


iPhone7端末のホーム画面にある「設定」をタップし「インターネット共有」をタップします。

次の画面で「インターネット共有」をタップします。

そしてiPhone7をBluetoothデバイスとして使いたいパソコンや機器などにペアリングします。

iPhone7でペアリングをタップするか、使いたいパソコンや機器に表示されているコードを入力して接続をするとテザリングが使えるようになります。

  • USBでテザリングを使う方法


iPhone7端末のホーム画面にある「設定」をタップし「インターネット共有」をタップします。

次の画面で「インターネット共有」をタップします。

iPhone7をパソコンや機器にUSBで接続します。

パソコンならネットワーク、環境設定でネットワークサービス一覧からiPhoneを選択するとUSBを使ってテザリングができるようになります。

アンドロイドでテザリングを使う方法

設定から「そのほかの設定」をタップ

テザリングをタップし「ok」をタップします。
これでテザリングが有効ですと出ますのでテザリングが使えるようになります。

テザリングを使っている時の注意点

テザリングはいつでもどこでも利用できるのが良い点と言えますがパソコンで長時間インターネットをするとデータ消費量が多くなってしまいます。

ホームページなどを少し観る程度ならあまり問題ないと言えますが、もしyoutubeなどで動画を観たり、動画配信サービスで映画を観るとなるとかなりのデータが消費されることになりますのでそんな時には無料Wi-Fiなどを使いましょう。

無料Wi-Fiを使って無駄なデータ消費を避ける


テザリングをしてパソコンなどで動画を観るとデータ通信が特に気になってしまいますよね。
そんな時は無料Wi-Fiを使う事で無駄なデータ消費を無くして節約をするのも手です。

  • 無料Wi-Fiが使える場所
  • 駅やコンビニなどもWi-Fiは利用できますが、カフェがおすすめ

そこまでして外で動画を長時間観る事はないと思いますが1つの案として覚えておいて下さい。

そしてテザリングを使いすぎてデータ容量がなくなってしまって通信制限が来た場合にはLINEモバイルで追加購入が可能です。

テザリングで通信制限がきた時の対処法

テザリングを使いすぎてまず最初に通信容量の確保がしたいですよね。
そんな時はこちらがおすすめです。

LINEモバイルでデータ容量を追加購入する

LINEモバイルでは、ひと月のデータ容量を使いきっても購入することができます。

また追加購入したデータ容量が使えるのは購入した翌月の末日までとなっていますので注意して下さいね。

購入できるデータ容量はこちらです。

  • 0.5GB/500円
  • 1GB/1,000円
  • 3GB/3,000円

1GBで1,000円は結構料金が高めですので普段よくテザリングを使うようになりそうな方にはプランを見直すのも1つですよね。

データ容量を1つ上のプランに変更する


1GBあたり1,000円で追加購入できるデータ容量ですがLINEモバイルのコミュニケーションフリープランの場合5GB〜7GBに通信容量を変更したとしても月額料金がたった660円しかかかりません。

ポイント

3GBで1,690円

↓520円追加で2GBアップ

5GB2,220円

↓660円追加で2GBアップ

7GB2,880円

↓340円追加で3GBアップ

10GB3,220円
ギガ数が上がるほど料金がお得となりますのでテザリングを頻繁に使うかたは最初から通信容量が多いプランを契約することで解決ができますね。

プラン変更のポイント

  • プラン変更手数料は無料

LINEモバイルではプラン変更手数料は無料で同じサービスタイプ(音声通話SIM同士など)であればプラン変更ができます。

たとえば!音声通話SIMを契約しているならLINEフリープランからコミュニケーションフリープランにプラン変更ができます。
しかし音声通話SIMからデータ通信SIM(データ通信SIMから音声通話SIM)への変更はできません。

なおプラン変更をした場合に新しいプランが適応されるのは翌月の1日朝9時頃となっています。

まとめ

LINEモバイルでテザリングをするとSNSのカウントフリーがパソコンでも対応しているのが魅力ですね。

またアンドロイドは限られた端末でしかテザリングはできませんがLINEモバイルでSIMフリースマホを購入してテザリングを使うのも1つの手でしたね。

LINEモバイルでテザリングをするにはLINEモバイルへの申し込みが必要になります。

そして今使っている電話番号をLINEモバイルでも使いたい場合はキャリアでMNP転出をする必要がありますのでMNPをする方法を参考にして下さい。

LINEモバイルの公式サイトをみる