楽天モバイルのおすすめポイント

  • ドコモ回線に対応
  • 月額料金は525円〜
  • 余ったデータ通信量は翌月に繰り越しできる
  • 楽天ポイントを貯められる
  • SIMのみの利用もできる
  • スマホとSIMのセット購入もできる

楽天モバイルの公式サイトをみる

楽天モバイルの評判と評価が良い理由

プランは2つから選ぶ事ができる

楽天モバイルには「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2つのプランがあり申し込み時にどちらかを選ぶ必要があります。

音声通話は必要ない方には「組み合わせプラン」でデータ通信SIMが使えるなど利用者に合った使い方が可能です。

またどちらのプランでも音声通話はもちろん使う事は可能となっておりますが「組み合わせプラン」には通話オプションである「5分かけ放題」を組み合わせる事で通話料を安くする事も可能です。

5分かけ放題が利用できる

楽天モバイルでは組み合わせプランで5分かけ放題オプション(月額850円)が利用できますが。

大容量の20GBプランまたは30GBプランを選ぶ事で5分かけ放題の月額料金を無料にだってする事が可能です。

またスーパーホーダイには5分かけ放題が月額料金込みとなっている為に安くお得に利用する事も可能です。

5分かけ放題について

5分かけ放題は5分間の通話なら何回でもかける事ができ5分超過後の通話料は30秒あたり10円となっています。

通話品質が良い

5分かけ放題についてを、お伝えしましたが楽天モバイルは電話回線を利用しているので通話途中の音声の途切れなどがなく安心して利用ができます

これなら大事な仕事の電話などにも利用できるので格安SIMだからと言って侮れません。

通話料金を半額にできる

楽天モバイルでは通常の通話料は30秒で20円となっていますが楽天でんわを利用すると30秒で10円の通話料で利用する事ができます

これなら1分間の通話で20円ですので10分間で200円1時間の通話で1,200円となり5分かけ放題を利用しない方には利用して損はない通話サービスだと言えお得です。

低速モードが使える

ひと月の通信容量を使い切るなんて事はありませんか?

もしデータ通信中に通信量が消費しないサービスがあると便利なのですが楽天モバイルの低速モードではそれが可能なのです。

低速モードとは通信速度に制限をかける代わりに通信量が減らないという優れた機能となっておりスーパーホーダイプランを使っている場合だと1Mbpsの最大通信速度でデータ通信を利用する事ができるのです。

月々の支払いはスーパポイントで払う事もできる

楽天モバイルでは楽天市場や楽天トラベルなどのサービスや日々の生活で利用し溜まった楽天スーパーポイント「一度に利用できるポイント数は1~30,000ポイント」で月額料金を払う事ができます

またセットで購入できるスマホ端末やアクセサリー商品などの購入やオプション料金の支払いなどにも使う事ができます。

(期間限定ポイントなども対象となっていますので様々なポイントを有効活用でき節約などもできます。)

口座振替ができる

楽天モバイルでは事務手数料や月額料金の支払いを契約者本人名義の銀行口座から口座振替(引き落とし)を利用する事ができます。

ただし引き落としには手数料100円がかかりますが口座振替に対応している格安SIMはあまりないために口座振替をしたい方にはおすすめなサービスです。

楽天モバイルの料金プラン一覧

組み合わせプラン

プラン名 通信量 月額料金 回線
組み合わせプラン 通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
docomo
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450
  • 5分かけ放題オプションは850円/月
  • 20GBと30GBプランには5分かけ放題オプションとテザリングが無料
  • 手数料無料でプラン変更ができる
  • 余ったデータ通信容量は翌月に繰り越しできる
  • データ通信容量はシェアできる

通話オプション

  • 5分かけ放題オプションは850円/月

スーパーホーダイ

プラン名 通信量 月額料金 回線
プランS 2GB 楽天会員割適用時
1,980円/1年目
docomo
ダイヤモンド割適用時
1,480円
2年目以降/楽天会員ではない場合
2,980円
プランM 6GB 楽天会員割適用時
2,980円/1年目
ダイヤモンド割適用時
2,480円
2年目以降/楽天会員ではない場合
3,980円
プランL 14GB 楽天会員割適用時
4,980円/1年目
・ダイヤモンド割適用時
4,480円
2年目以降/楽天会員ではない場合
5,980円
  • 通信容量を使い切っても通信速度は1Mbpsで使い放題
  • 5分かけ放題オプション料金が込み

楽天モバイルスーパーホーダイの詳細はこちら
楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細をみる

楽天モバイルと他社MVNOの料金プランを比較

格安SIM(MVNO) 500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 20GB 30GB
LINEモバイル 1,200円 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円
mineo (Dプラン) 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円 6,600円
楽天モバイル 1,600円 2,150円     2,960円 4,750円 6,150円
DMMモバイル 1,260円 1,380円 1,500円 1,910円 2,560円 2,890円 4,680円
OCNモバイルONE 1,800円 2,150円 3,000円 4,850円 6,750円
NifMo(ニフモ) 1,600円 2,300円

(こちらの料金プランの比較ではdocomo回線が使える格安SIMを記載しています。)

「かけ放題オプション」に関しましては楽天モバイルが5分かけ放題の利用が可能となっていますがLINEモバイル、mineo、DMMモバイル、OCNモバイルONE、NifMo(ニフモ)では10分かけ放題オプションが利用できるので通話時間が長い方には他社のMVNOを選ぶのも1つかもしれません。
またもっとも格安SIMを安く利用したい方には楽天モバイルよりもDMMモバイルを選ぶと良いかもしれませんね。

最低利用期間について

楽天モバイルには2年縛りはありませんが3つの最低利用期間があります。

  • 12ヶ月
  • 24ヶ月
  • 36ヶ月

12ヶ月ヶ月の最低利用期間を選んだ場合は12ヶ月以内に解約をした場合には9,800円の解約金が発生します。

24ヶ月ヶ月の最低利用期間を選んだ場合は12ヶ月以内の解約で19,800円の解約金が発生し12ヶ月から24ヶ月以内に解約をすると9,800円の契約解除料が発生します。

36ヶ月ヶ月の最低利用期間を選んだ場合は12ヶ月以内の解約で29,800円の解約金が発生し12ヶ月から24ヶ月の間に解約をすると19,800円の契約解除料が発生し24ヶ月から36ヶ月以内に解約をすると9,800円の契約解除料が発生します。

楽天モバイルではスマホ端末を購入できる


楽天モバイルではSIMフリースマホの購入はもちろんiPhone端末の購入をする事だってできます。

購入できるスマホ端末

[2018年1月記載]

  • S60
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • ZenFone 4
  • ZenFone Live
  • HUAWEI honor 9
  • ZTE BLADE E02
  • arrows M04
  • HUAWEI P10 lite
  • HUAWEI P10
  • HUAWEI P10 Plus
  • HUAWEI nove lite
  • ZenFone 3 Max
  • HUAWEI Mate 9
  • AQUOS SH-M04
  • HUAWEI Hunor 3
  • ZenFone 3
  • arrows M03
  • AQUOS mini SH-M03
  • ZTE BLADE E01
  • HUAWEI P9 lite
  • ZenFone Go
  • AQUOS SH-RM02
  • iPhone SE(12GB)
  • iPhone 6S/6S PLUS(16GB、64GB、128GB)

楽天モバイルの申し込みに必要なもの一覧

楽天モバイルの申し込みにはいくつかの必要書類が必要です。

本人確認書類

データSIM以外を申し込む際にはこれらの書類の一部が必要ですので覚えておいてくださいね。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証+補助書類
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 住民基本台帳カード+補助書類
  • 身体障がい者手帳
    (+補助書類)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 補助書類(公共料金領収書、住民票、届出避難場所証明書)

MNP転入をするにはMNP番号が必要

キャリアから楽天モバイルに電話番号をそのままで乗り換え(MNP)をする場合にはMNP予約番号をキャリアでもらって楽天モバイルにMNP転入をする必要がありますので必ずMNP予約番号をもらってから楽天モバイルに申し込みをするようにしましょう。

楽天モバイルに乗り換える時の注意点

ドコモから楽天モバイル

ドコモから楽天モバイルに乗り換えをするには利用するスマホ端末のSIMロック解除をする必要がありません。
ただし利用したいスマホ端末がある場合には楽天モバイルで使えるか?を動作確認をしてみましょう。

auから楽天モバイル

auから楽天モバイルへ乗り換えるには利用したいスマホ端末のSIMロック解除が必要になります。

またauでSIMロック解除をするにはスマホを購入してから101日目以降である事が条件となっておりSIMロック解除をしてからだと楽天モバイルで機種が対応していると利用する事はできるのですが。

楽天モバイルはドコモ回線に対応しているためにauで購入したスマホ端末は対応バンド(対応周波数)が対応していないために電波が悪くなるといった事がおきますのでauのスマホを利用するならau回線に対応している業者を利用する事をおすすめいたします。

au回線が使える格安SIM

ソフトバンクから楽天モバイル

ソフトバンクもauと同様になります。
ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるには利用したいスマホ端末のSIMロック解除が必要になります。

またソフトバンクでSIMロック解除をするにはスマホを購入してから101日目以降である事が条件となっておりSIMロック解除をしてからだと楽天モバイルで機種が対応していると利用する事はできるのですが。

楽天モバイルはドコモ回線に対応しているためにソフトバンクで購入したスマホ端末は対応バンド(対応周波数)が対応していないために電波が悪くなるといった事がおきますのでソフトバンクのスマホを利用するならSoftBank回線に対応している格安SIMを利用する事をおすすめいたします。

SoftBank回線が使える格安SIM

まとめ

楽天モバイルはデータSIMなら525円から利用できお得な格安SIMとなっています。
また音声通話SIM契約して通信容量を3GB利用できるプランを選んでも1,600円から利用できドコモ回線の中ではお得となっています。

またスーパーホーダイの低速モードが大変魅力的ですが、利用者が増えると通信速度が遅くなったりと利用しづらくなる事もありますので注意が必要ですが楽天モバイルを使う事によって楽天ポイントが溜まってポイントで月額料金を支払えるのは他社の格安SIMではない事なので利用する価値があると言えますね。

楽天モバイルを利用しようと考えている方は必ず楽天会員になって月額料金をお得にポイントも貯めましょう

音声通話が利用できる格安SIMを比較するならこちら
→ 音声通話が利用できる格安SIMを比較

楽天モバイルの公式サイトをみる