SIMロック解除をしていない・できないソフトバンクのiPhoneで使える格安SIM・MVNO
こちらでご紹介するのはSIMロック解除ができない、またはしていないソフトバンクのiPhone端末で使う事ができる格安SIM・MVNOをご紹介します。

これからご紹介するMVNOで利用できるiPhoneの機種はこうなっています。

  • iPhone X
  • iPhone 8/8Plus
  • iPhone 7/7Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5

そうです!ほぼ全てのiPhoneで格安SIMを使う事ができるのです。

ではメリットやデメリットもまとめて詳細をお伝えします。

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMを使うには?

ソフトバンクのiPhoneでMVNOの格安SIMカードを使う

iPhoneのSIMロック解除をして格安SIMを使う

まずはじめにソフトバンクのiPhoneで格安SIMを使うにはiPhone端末のSIMロック解除をするとdocomo回線やau回線のMVNOで使う事が可能です。

しかしiPhone5からiPhone6までのキャリア端末はキャリアではSIMロック解除ができない為に格安SIMを使うというのは現実的ではありませんよね。

iPhone6SからであればMVNOで使うことは可能

2015年5月以降のiPhone端末はキャリアのiPhoneであってもSIMロック解除ができるので端末とMVNOの回線の通信規格さえ合えばSoftBank回線以外(docomo回線、au回線、Ymobile回線)で使うことが可能です。

しかしこちらのページではソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除をしなくても使うことができる格安SIMをお伝えしたいので簡単に使う方法はこうなります

SoftBank回線対応の格安SIMを選ぶ

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMを使うもっとも簡単な方法はソフトバンク回線対応の格安SIMを使う事です。

現在ソフトバンク回線対応の格安SIMは

  • b-mobile
  • nuroモバイル
  • U-mobile
  • QTmobile

この4社のみとなっています。

またこの4社のMVNOでソフトバンクのiPhoneを使うとこんなメリットがあります。

SoftBank回線対応の格安SIMでソフトバンクのiPhoneを使うメリット

MNP転入をすれば今使っている電話番号を引き継いで使う事ができる

ソフトバンク回線の格安SIMにMNP転入をすれば電話番号がそのまま使える
現在キャリアや他社のMVNOでiPhoneを使っている場合、電話番号を変える事がなくソフトバンク系の格安SIMに乗り換えたい場合にはソフトバンク回線対応の格安SIMを申し込む時にMNP転入を一緒にする事で電話番号をそのまま引き継いで使う事が可能です。

ポイント
MVNOにMNP転入をしたい場合、MNP予約番号には有効期限があり有効期限がすぎた場合には再度MNP予約番号を取得しなくてはいけませんので期限以内にMNP転入をするのがポイントです。。

SIMロック解除をしなくてもソフトバンクのiPhoneがそのまま使える

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMを使いたい場合に一番はじめに気になるのがiPhone端末のSIMロック解除をしなくてはいけないのか?

というところですが初めにもお伝えしました通り、ソフトバンク回線対応の格安SIMを選ぶ事でSIMロック解除をしなくてもソフトバンクのiPhoneをそのまま使うことが可能です。

ということはこんなメリットもあるのです。

SIMロック解除ができないiPhone端末も使うことができる

SIMロック解除ができないソフトバンクのiPhoneでも格安SIMで使う事ができる
2015年5月以前にソフトバンクで購入したiPhone5、iPhone5c、iPhone5s、iPhone6/6 PlusはSIMロック解除ができない端末となっていますがソフトバンク回線対応の格安SIMではSIMロック解除ができないiPhoneでもMVNOのSIMカードを挿せば音声通話、データ通信を利用する事が可能です。

ですので使わずに持っていたiPhone端末をメイン機種として使う事はもちろんデータ通信専用として2台持ちとして再利用する事もできるのです。

ただしメリットばかりではなくデメリットも存在します。

SoftBank回線対応の格安SIMでソフトバンクのiPhoneを使うデメリット

APN設定をしないとiPhoneを使うことができない

格安SIMを使うには契約をしたMVNOからSIMカードから届いたあとにiPhoneにSIMカードを挿してAPN設定をしないとデータ通信を使うことができません。

デメリットっていうほどではありませんがAPN設定をするにはWifi環境が必要になるので家でWifiを使うことができない場合にはWifiを無料で使えるスポットなどに行って設定をしなくてはいけません。
(※APN設定は5分程度で完了します。)

テザリング機能が使えない

iPhone端末でテザリング機能を使ってパソコンやゲーム機器と接続してデータ通信を使いたい方も多いはず。

しかしソフトバンク回線対応の格安SIMをiPhone端末で使ってもテザリング機能を使う事ができません。

2018年1月22日総務省で2018年春をめどにテザリングの利用ができるように機能を解放に

2018円春をめどにソフトバンク系の格安SIMでもテザリングができるようになる

改善の兆しあり
2018年の春以降からソフトバンク回線のMVNOでもテザリングを使う事が可能となるかもしれませんので今後に期待しましょう。

SoftBank回線対応のMVNOで使う事ができるiPhone一覧

  • iPhone X
  • iPhone 8/8Plus
  • iPhone 7/7Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5

最新のiPhone X〜iPhone 5まで幅広いiPhone端末でSIMロック解除をしなくても格安SIMを使う事ができます。

現在ソフトバンクのiPhone端末をまだ持っていない!

そんな方はソフトバンク製のiPhone端末を中古購入するのがオススメです。

ソフトバンク製のiPhone端末ならdocomoやauの端末よりも安く端末を購入する事ができるので視野に入れてみるのもポイントです。

ポイント
ソフトバンク製のiPhone7以降の端末は通信規格(対応周波数)が万能なのでソフトバンク回線のMVNO以外(docomo回線やau回線)でもSIMロック解除をしてSIMフリー端末にする事で問題なく利用する事が可能です。

SoftBank(ソフトバンク)のiPhoneがSIMロック解除しなくても使える格安SIMの詳細

b-mobile(通話と通信がセットでiPhoneが最安値で使う事ができる)

ソフトバンクのiPhoneをb-mobileでそのまま使う

  • 回線/SoftBank
  • 月額料金の最安値は100MB190円〜
  • 音声通話SIMとデータ通信SIMどちらも選べるプランあり
  • 通話SIMならかけ放題オプションが使える
  • MNP転入ができる

b-mobile(ビーモバイル)は日本通信が運営しているMVNOでSoftBank回線が使う事できるのはもちろんソフトバンクのiPhoneやiPadでも使う事ができるプランが用意されています。また料金が少し高いなどの評判もありますが通信速度がキャリアと変わらないほど出るなど利用者満足度の高い格安SIMとなっています。

b-mobileの公式サイトをみる

ソフトバンクのiPhoneを使うのに最適な料金料金プラン

プラン名 通信容量 月額料金 回線
990 JUST FIT 1GB〜
15GBまで
990円〜
7,240円
SoftBank
スマホ電話SIM 1GB〜
15GBまで
2,450円〜
7,350円
開幕SIM 1GB 880円
開幕SIM 3GB 1,580円
開幕SIM 7GB 2,980円
開幕SIM 10GB 4,980円
  • 990JUST FIT SIMプランとスマホ電話SIMプランはSMSが使える
  • SMS送信料は1通あたり3円〜30円

990 JUST FIT SIMプランとスマホ電話SIMプランは音声通話SIMのみのプランで音声通話とデータ通信とSMSがセットで使うことができるのが特徴でデータ通信料は毎月に使った分だけを支払うシステムとなっています。またどちらのプランでも5分かけ放題(月額500円)オプションが用意されているので短い通話を毎日かける方に向いているプランとなっています。
(※990 JUST FIT SIMプランとスマホ電話SIMプランは最低利用期間が5ヶ月間となっており4ヶ月以内に解約かMNP転出をした場合には8,000円の違約金が発します。)

通話オプションについて
b-mobileの5分かけ放題オプションはb-mobile電話アプリから発信するプレフィックス回線となっており5分間の通話を過ぎた場合でも30秒10円の半額の通話料でかけることができます。しかし電話アプリを使って通話をかけるか電話番号の先頭に「00324146」のプレフィックス番号を付けて通話をしない場合は30秒20円の通話料が発生します。
(※iPhoneに入っている電話アプリの連絡先はそのまま使う事が可能です。)

ソフトバンクのiPhoneでデータ通信を使うのにオススメなb-mobileの開幕SIMプラン
開幕SIMプランはデータ通信SIMのみのプランとなっておりソフトバンクのiPhoneでデータ通信のみを利用したい方にオススメで選ぶことができる通信容量は1GB〜30GBまであるのでライトユーザーやヘビーユーザーの方でも安心して使うことができるプランです。
(※開幕SIMプランは最低利用期間や違約金は無し)

b-mobileの公式サイトをみる

nuroモバイル(iPhoneで安く国際電話が利用できる)

ソフトバンクのiPhoneがそのまま使えるnuroモバイル

  • データ通信専用なら2GB/980円〜
  • 音声通話とデータ通信ができるプランで月額1,680円〜
  • SIMロック解除ができないiPhoneが使える
  • MNP転入ができる

nuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズが運営するMVNOですが、2017年夏くらいまで3日間で利用できるデータ通信容量が制限されていた為に口コミや評判はイマイチでしたが最近では3日間の制限は緩くなったみたいでnuroモバイルを使うユーザーも増えてくるでしょう。ただし10分かけ放題オプションにつきましてはMVNO業界では最安値となっていますので音声通話SIMで通話がメインで使いたい方には利用価値のある格安SIMではないでしょうか。

nuroモバイル公式サイトをみる

ソフトバンクのiPhoneを使うのに最適な料金料金プラン

  • ソフトバンク回線プラン
プラン名 通信容量 月額料金 回線
データ専用 2GB 980円 SoftBank
データ専用 5GB 1,780円
音声通話付き 2GB 1,680円
音声通話付き 5GB 2,480円
  • SMSを使いたい場合は音声通話SIMのみ
  • 国際電話なら32カ国30秒10円で格安で通話をかける事ができる

ソフトバンクのiPhoneでnuroモバイルを使うのに最適なプランはソフトバンク回線プランのみですが音声通話SIM(データ通信と通話、SMSがセット)とデータ通信SIMのどちらでも選んで使うことが可能です。
(※データ通信SIMでSMSも使いたい方には他社のMVNOがオススメ。)

またnoroモバイルでは10分かけ放題(月額800円)オプションが用意されているので長い通話を何回もしたい方に向いているMVNOとなっています。そして一番のポイントとなるのが通信容量を使い切ってしまっても翌月のプランから2GBまでなら通信容量を前借りできるので高速通信容量を買い足す必要もありません。

通話オプションについて
nuroモバイルの10分かけ放題オプションはnuroモバイルでんわアプリから発信するプレフィックス回線となっており電話アプリを使って電話をかけるか電話番号の先頭に「0037-692」のプレフィックス番号を付けて通話をするだけで10分間の通話時間を過ぎた場合でも半額の30秒10円で利用する事が可能です。またiPhoneに入っている電話アプリの連絡先はそのまま使える便利な通話アプリとなっています。
(※電話アプリやプレフィックス番号を付けて通話をしない場合は30秒20円の通話料が発生します。)

nuroモバイル公式サイトをみる

U-mobile(データ通信SIMで大容量プランが使える)

U-mobileならソフトバンクのiPhoneでデータ通信がお得に利用できる

  • データ通信SIMのみ
  • 大容量プランあり
  • 最安値は880円〜
  • 最低利用期間が無し

U-mobile(ユーモバイル)は株式会社U-NEXTが運営しているMVNOとなっておりU-mobileを使うとプランによってはU-NEXTで使えるポイントを貰えたり使えたりと動画や音楽(エンタメ)が好きな方には利用価値のある格安SIMとなっています。

U-MOBILE公式サイトをみる

ソフトバンクのiPhoneを使うのに最適な料金料金プラン

  • U-mobile Sプラン
プラン名 通信容量 月額料金 回線
U-mobile S

データ専用SIM

1GB 880円 SoftBank
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

ソフトバンクのiPhoneをそのまま使う事ができるU-mobileの「U-mobile Sプラン」は音声通話SIMは用意されておらずデータ通信SIMのみしか使う事ができませんが1GBの通信容量なら他社のMVNOよりも安い880円から使う事が可能です。

また30GBの大容量プランが用意されているのでヘビーユーザーの方でも安心して使うことができます

U-mobile Sプランはデータ通信SIMのみとなっているので最低利用期間がなくいつでも解約ができるのがポイント

U-MOBILE公式サイトをみる

QTmobile(選べる通信容量が豊富なMVNO)

ソフトバンクのiPhoneがSIMロック解除をしなくても使えるQTモバイル

  • 音声通話SIMとデータ通信SIMが用意されている
  • 留守番電話が無料で使える
  • iPhoneでも端末保証に加入できる(月額500円)
  • MNP転入ができる

QTモバイルは九州電力グループの通信会社「QTnet」が運営しているMVNOとなっておりSoftBank回線の他にdocomo回線とau回線も用意されているマルチな格安SIMとなっています。またBBIQ光インターネットや光テレビを利用していると端末を購入代金からキャッシュバックがあるなど利用者に優しい格安SIMとなっています。

QTモバイル公式サイトをみる

ソフトバンクのiPhoneを使うのに最適な料金料金プラン

  • ソフトバンク回線(Sタイプ)
プラン名 通信容量 月額料金 回線
音声通話SIM

通話+データ通信

1GB 1,700円 SoftBank
3GB 1,800円
6GB 2,500円
10GB 3,500円
20GB 5,100円
30GB 7,100円
データ通信SIM 1GB 800円 SoftBank
3GB 900円
6GB 1,550円
10GB 2,550円
20GB 4,200円
30GB 6,200円

QTモバイルでは音声通話SIMとデータ通信SIMどちらも利用できる格安SIMとなっており通話SIMなら10分かけ放題(月額850円)オプションが使えるので長時間の通話を何回でもかけたい方に向いているプランと言えます。

ただし他社のMVNOと通話料金を比べた場合、通話料が少し高いのですがiPhoneの端末保証に加入できるのがメリットかもしれません。

  • 10分間の通話時間を超過した場合30秒15円
  • 通常の通話料は30秒20円
通話オプションについて
QTモバイルの10分かけ放題オプションはQTモバイル電話アプリから発信するプレフィックス回線となっており電話アプリを使って電話をかけるか電話番号の先頭に「0037-692」のプレフィックス番号を付けて電話をかけるタイプです。

QTモバイル公式サイトをみる