スマホプラン

Ymobileの公式サイトをみる

月額料金の詳細

  スマホプランS スマホプランM スマホプランL
1年目の
月額料金
1,980円
2GB
2,980円
6GB
4,980円
14GB
通常の
月額料金
3,980円
1GB
4,980円
3GB
6,980円
7GB
契約期間がない
プラン
5.480円 6,480円 8,480円
特徴 10分かけ放題がプラン込み

基本使用料について

スマホプランの月額料金(基本使用料)は2,980円〜となっていますが「スマホプラン割引」か「スマホプラン割引期間限定キャンペーン」の適用で25ヵ月間の月額料金が保証されるものとなっています。そして26ヵ月目以降も同じ料金で利用したい場合には「長期利用割引」に加入する事で可能となります。

1年目の月額料金について

スマホプランの1年目の料金は、1,980円〜となっていますが「ワンキュッパ割」か「スマホプラン割引期間限定キャンペーン」か「スマホプラン割引」に加入すると12ヶ月間だけ1,000円の割引が適用されるサービスとなっています。

ワンキュッパ割について

ワンキュッパ割は2016年6月1日(水)~から始まったサービスで(終わりは未定)12ヵ月間の基本使用料が1,000円割引になるサービスで、機種変更か新規契約、MNP転入で申し込みする方が対象になっています。

スマホプラン割引期間限定キャンペーンについて

スマホプラン割引期間限定キャンペーンとは、スマホプランに加入すると通常25ヵ月間だけ月額料金を最大1,000円割引くサービスとなっています。
「キャンペーン期間は2017年3月1日~2018年5月31日まで。」
(スマホプラン割引期間限定キャンペーンはソフトバンクからのMNP転入をする方を対象に割引が適用となります。)

スマホプラン割引について
  • スマホプラン割引とはスマホプランに加入した方が対象のサービスとなっており通常25ヶ月間だけ月額料金を最大1,000円割引きが適用します。

(スマホ割引はソフトバンクからのMNP転入は対象外となります。)

2年間はデータ容量が2倍になる

スマホプランは1年間の月額料金が安くなるサービスに加え2年間のデータ容量が2倍になるサービスがあります。ただしこのサービスを適用するには新規申し込みかMNP転入・機種変更・契約変更の方が対象になります。

10分かけ放題がプラン込みで利用できる

Y!mobile(ワイモバイル)は厳密にお伝えしますとMVNOとは言えませんが、格安SIMカードで気になるのが通話オプションの、かけ放題となりますがスマホプランでは10分かけ放題が月額料金に込みで利用ができます。

また10分以内の通話なら何回でもでき10分間を超過した場合は30秒で20円となります。

スマホプランのメリット


スマホプランでは、ヤフオクが制限なしで利用でき、Yahoo!かんたんバックアップが容量無制限で使う事が可能です。
また、Yahoo!ショピングとLOHACOの買い物で、いつでも5倍のポイントが貯まりますし、Enjoyパックの加入(有料)、Yahoo!JAPANカードへの入会をする事で最大12倍のポイントが貯まリます。

速度制限について

スマホプランでは、ひと月のデータ通信量を超えた場合には月末までデータ通信速度が送受信時最大128Kbpsになります。

ただし追加チャージをする事で通常の通信速度に戻す事も可能です。

  • 追加チャージは500MBで500円

スマホプランの最低利用期間と違約金について

「スマホプランS/M/L」は、契約期間が2年間の自動更新(実質2年縛り)となっており契約期間中に解約または契約期間が2年間未満の料金プランへ変更をした場合、9,500円の契約解除料(違約金)が発生します。
しかし違約金を支払いたくない方には契約期間がない料金設定でもスマホプランを使う事ができるのです。

契約期間がないスマホプランの詳細

  • スマホベーシックプランS/5,480円
  • スマホベーシックプランM/6,480円
  • スマホベーシックプランL/7,480円

通常の月額料金よりもかなり高額な月額料金となっていますので2年間の契約期間のあるスマホプランを選んだ方が安全と言えますね。

データプランS/L


データプランは、タブレット端末を利用する場合に最適なデータ通信専用のプランとなっています。

Ymobileの公式サイトをみる

月額料金の詳細

プラン 通信量 月額料金
データプランS 1GBまで 1,980円
契約期間がない
データプランS
1GBまで 3,980円
データプランL 7GBまで 3,696円
契約期間がない
データプランL
7GB 5,969円

データプランSとデータプランLの最安値の月額料金は、「お得割」適用時の月額料金となっております。

3年間の継続利用が必要になり自動更新(3年縛り)となっています。

データプランS/Lの最低利用期間と違約金

「お得割」適用時のプランは3年間の継続利用が必要になり自動更新(3年縛り)となっています。
また契約期間中に解約をした場合は契約解除料が9,500円必要になります。
しかし違約金を支払いたくない方には契約期間がない料金設定でデータプランを使う事ができます。

契約期間がないデータプランの詳細

  • データプランSが3,980円/月
  • データプランLが5,696円/月

お得割の適用時の料金よりも2,000円高い月額料金となっています。

通信制限

  • 当月ご利用のデータ通信量が上記記載の容量(1GB/7GB)を超えた場合に、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時最大128Kbps)を行います。
  • 通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要です。
  • 3日間で約10GB以上利用した場合には速度制限がかかる

ガラケー専用のプラン

ケータイプラン

  • 1,381円/月

(※ケータイプランは2018年3月31日に新規受付が終了するプランとなっています。)

Ymobileの公式サイトをみる

ケータイプランは通話し放題

  • Y!mobile同士なら通話料が無料

Y!mobile(ワイモバイル)のケータイプランはワイモバイルのスマホやPHS回線の電話番号には何回かけても無料となるサービスです。

ただし1回の通話で2時間45分を超える通話の場合は、超過分について30秒/20円の通話料が発生し1回の通話で16時間を超える場合には通話を終了する可能性が出ます。
「スーパーだれとでも定額に加入をすると2時間45分を超えた場合でも通話料は無料となります。」

  • スーパーだれとでも定額について

  • 1,500円/月

スーパーだれとでも定額は他社の携帯会社など、全てのスマホや携帯、固定電話への通話(国内)とインターネット(パケット)が無料で利用できるサービスです。

ケータイプランSS

  • 月額料金934円〜/通話のみ
  • 月額料金2,434円/契約期間なしで利用できる

こちらのプランは主にガラケーを利用している方が対象のプランとなっており月額料金は通話のみの料金となっていますのでデータ通信を利用するにはベーシックパック(月額300円)の加入が必要になります。

Ymobileの公式サイトをみる

通話料とメール送信料

  • 通話料
ソフトバンク、ワイモバイルの
スマホやケータイ
左に記載した他社の
スマホやケータイ、固定電話など
1時〜21時 21時〜1時
無料 30秒/20円 30秒/20円
  • メール送受信料
Y!mobileメール MMS SMS
0.005円/パケット 送信は1通/3円
受信/無料

無料通話を利用できる


ケータイプランSSはY!mobile(ワイモバイル)とソフトバンクへの通話は無料(通話し放題)となっています。

また上限額が4,500円に設定されたパケット定額サービスの利用もできデータ通信量(パケット)が2.5GBまで使う事ができます。

パケットと通話を使い放題にするならスーパーだれとでも定額がおすすめ

  • スーパーだれとでも定額/月額1,500円

スーパーだれとでも定額はケータイプランと同じオプションでY!mobile以外のスマホやケータイ(携帯電話)、固定電話への通話(国内のみ)が、無料でご利用できるオプションとなっており「ケータイプランではらインターネット(データ通信)も無料で使う事が可能となっています。

ケータイプランの契約期間と違約金

ケータイプランSSには契約期間が2年間あり自動更新となっています。

また契約期間中に解約をする場合には9,500円の契約解除料が発生します。

対象(料金プラン)

スマートフォン・タブレット(スマホプラン)、ケータイ(ケータイプランSS)

シェアプラン

Ymobileの公式サイトをみる

シェアプランの詳細

シェアプランとは子回線専用プランとも言いまして「スマホプランS/M/L」か「データプランS/L」を利用している方にベストマッチするサービスとなっています。

その理由はスマホのデータ通信量をタブレット端末の別の機器で分け合うことができるプランだからです。

また最大3枚のUSIMカードが利用できタブレット端末はもちろん他のSIMフリーの端末などにも使う事が可能となっています。

シェアプランの料金一覧

プラン 分け合える
データ容量
月額料金
スマホプランS 1GB 980円
スマホプランM 3GB 490円
スマホプランL 7GB 0円

こちらのプランはシェアをするデータ容量が多ければ多いほど安く多くになるサービスとなっています。

シェアプランの注意点

シェアプランの加入には契約名義と請求先が同一であり「スマホプランS/M/L」か「データプランS/L」を利用している事が条件になります。また親回線(1回線とする場合)に対し子回線は3回線までの加入しかできません。

そしてデータ専用のプランとなっているので音声通話の利用はできませんしUSIMカードサイズの変更の場合には発行手数料が別途必要になりますので注意が必要です。

Ymobileの公式サイトをみる