格安simを選ぶ前の基礎知識

格安SIMとは

格安simって何?

格安SIMとは、スマホやガラケーなどに入っている小さいICカードです。

スマホやガラケーを現在使っている方は、機種変更をした時に一度は見たことがあるのではないでしょうか。

この小さいICカードを入れることによって、通話やネットを使うことができます。

MVNOとは

mvnoって?

MVNOとは仮装移動体通信事業者と言い、格安SIMを提供している通信事業者のことです。

ドコモやau、ソフトバンクなどから回線を借りて運営していますので、安くサービスを提供できています

ですので、キャリアよりも安い料金で、スマホやガラケーを使うことができるのです。

SIMの種類は2つ

simの種類

格安simには大きく分けて2つのSIMカードがあります。

  • 音声通話SIM
  • データ通信SIM

特徴はこうなっています。

特徴
音声通話SIM 090などの番号を持つことができ、ネットを使うこともできる

MNPをすれば今使っている電話番号をそのまままま使える

データ通信SIM 通話機能を使うことはできないが、ネットはできる

MNPとは、実際にはナンバーポータビリティと言い、今使っている電話番号を格安SIMに乗り換えてもそのまま使えるサービスのことです。

SIMカードには、通話SIMとデータSIMの他に3種類のサイズがあり、スマホに対応しているSIMカードを選場ないと使うことができません。

その中でも、電話を使いたい場合は、音声通話SIMを選び、通話機能がいらないならデータ通信SIMを選ぶだけです。

データ通信SIMにはSMS機能付きのSIMもある

データ通信SIMには、データ通信だけが利用できるものと、データ通信とSMSが使えるSIMの2種類があります。

通話を使わないけど、SMS(ショートメールサービス)を使いたい場合は「SMS機能付きデータ通信SIM」を選ぶのがおすすめです。

格安SIMに乗り換える前の疑問

格安simに乗り換える前の疑問をまとめました。

疑問 回答
格安SIMに乗り換えた場合の
月々の料金は?
ドコモやau、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると
月々の料金は3分の1程度にすることができます。
通話・通信の品質は? 格安SIMは基本的にドコモやau、ソフトバンクから
回線を借りて運営しているので、
電話を使ってもネットを使っても、
通話品質やネット品質は基本的に同じです。
通信速度は快適? 格安SIMは、キャリアから回線を借りて運営していますので、
回線が混雑する時間帯は通信速度が遅くなってしまいます。道路に例えると、車が混んでいる時はスピードを出して運転はできませんが、
道路が混雑していない時はスムーズに走ることができますよね。

それとほとんど同じです。
ですので、通信が混んでいない時間帯だと
スムーズに通信をすることができます。

契約期間や自動更新は? キャリアでは、基本的に2年間の自動更新がありますが、
格安SIMには自動更新はありません。また、契約期間は長くて1年間ですので、
契約期間が過ぎればいつ解約をしても違約金もかかりません。

すぐに違う格安SIMに乗り換えることもできます。

今まで使っていた
メールアドレスは使えるの?
キャリアなら「〇〇@キャリア名」の
メールアドレスを使えますが、
格安SIMに乗り換えた場合は、
今まで使っていたメールアドレスは使えません。メールアドレスを欲しい場合は、
GmailやYahoo!メールなどのアドレスを取得して
使うのがおすすめです。
スマホの端末保証は
どうなるの?
キャリアでスマホのたんま保証に加入している方は、
格安SIMに乗り換えると今までの端末保証は無くなります。しかし、格安SIMには端末保証が用意してあり、
再度端末保証に加入することができます。
サポート体制は? 格安SIMには、実店舗が少ないために、
基本的に電話かメールでのサポートを受けることができます。
キャリアから
乗り換える時の費用は?
格安SIMに乗り換える時の費用は初期費用に3,000円、
MNPをする場合には、2,000円程度かかります。費用を抑えたい場合は、
キャンペーン期間などをうまく使って
費用を安くすることもできます
申し込みに必要なものは? 運転免許証、保険証、
パスポートなどの本人確認ができるもの。MNPをする場合はMNP転入番号

口座振替ができない場合は、
クレジットカードが必要です。

今持っている
スマホで使うには?
基本的にドコモのスマホを持っている場合は
ドコモ回線の格安SIMを使うauのスマホを持っている場合は
au回線の格安SIMを使う

ソフトバンクのスマホを持っている場合は
ソフトバンク回線の格安SIMを使うのがベストです。

スマホを持っていない
場合は購入できる?
格安SIMではスマホを購入することができ、
スマホを持っていない場合でも大丈夫です。また、スマホと格安SIMを一緒に購入することで、
回線を気にすることなく利用できます。

→ 格安SIMの最新キャンペーン情報へ

利用方法に合った格安SIMの選び方

LINEのID検索がしたい

lineの年齢認証とid検索ができる格安sim

格安SIMでは、基本的にLINEの年齢認証ができないために、LINEのID検索ができません。

しかし、以下の2社ならLINEの年齢認証ができるので、LINEのID検索をしたい方におすすめです。

  • LINEモバイル
  • ワイモバイル
LINEモバイル ワイモバイル
おすすめプラン コミュニケーションフリープラン
(3GB)
スマホプラン
(2GB)
通話SIM
(月額料金)
1,690円 1,980円
かけ放題 10分間
(月額880円)
10分間
(プラン料金込み)

24時間かけ放題
(月額1,080円)

回線 ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
スマホの購入 できる できる
データプラン 月額500円から なし

※ワイモバイルは、SIMフリーのスマホ以外はSIMロック解除をしなくては使えません。

ワイモバイルでは、24時間かけ放題も利用できる唯一の格安SIMです。時間を気にせずに通話をしたい方には特におすすめです

今持っているスマホで使えるかは以下のリンクから調べてくださいね。

→ LINEモバイルを詳しくみる

→ ワイモバイルを詳しくみる

快適にネットを使いたい

uqモバイル

  • auのスマホがそのまま使える

快適にネットを使いたい方に最適な格安SIMは、UQモバイルです。

なぜなら通信速度が速く快適にネットを使うことができるからです。

UQモバイルの通信速度

通信速度で格安simを選ぶならUQモバイル

ダウンロードが72Mbps、アップロードが12Mbpsも出ていますので、動画でもストレスなく視聴することができます

また、電話をよくかける方には、5分かけ放題がセットになったプランや、無料通話がついたプランもありますので様々な使い方ができます。

プランの確認をしたい場合は以下から確認ができます。

→ 無料通話サービスのない料金プランの確認へ

→ 無料通話サービスのある料金プランの確認へ

動画のデータ量を消費しないで楽しみたい

BIGLOBEモバイル

  • ドコモ回線とau回線のスマホがそのまま使える

動画のデータ量を消費しないで格安SIMを楽しみたい方にぴったりなのは、BIGLOBEモバイルです。

BIGLOBEモバイルなら、エンタメオプションが用意されており、以下のサイトのデータ量を消費しないで利用することができます。

  • YouTube・AbemaTV・U-NEXT
  • YouTube Kids・Google Play Music・Apple Music
  • Spotify・AWA・radiko.jp
  • Amazon Music・YouTube Music

月額料金は、音声通話SIMの申し込みで月額480円、データ通信SIMの申し込みで月額980円で使うことができます。

※3GB以上のプランが加入対象です。

これなら、少しのデータ量プランの契約でも、動画や音楽をたくさん見ても通信量を気にすることなく楽しむことができますね。

→ BIGLOBEモバイルの詳細へ

サポート体制で選びたい

mineo

  • ドコモとauのスマホがそのまま使える

サポート体制で格安SIMを選びたい方におすすめは、mineoです。

なぜなら、mineoでは、コミュニティサイトがあり、困ったことがあっても質問ができ解決することができるからです。

初めて格安SIMを使う方にはぴったりのMVNOですね。

料金プランは、500MB〜30GBまで幅広く用意してあり様々な使い方ができます。

通話がメインの方には、10分かけ放題や定額通話なども用意してあります。

→ mineoの詳細へ

とにかく安く使いたい

とにかく安く格安SIMを使いたい方は「通話のみ安く使える格安SIM」でも記載していますが、おすすめできるのは以下の3つです。

  • b-mobile
  • ロケットモバイル
  • QTモバイル
b-mobile ロケットモバイル QTモバイル
最安プラン 990 JUST FIT 神プラン データ通話コース
通話SIM
(月額料金)
990円〜
(1GB)
948円
(データ量無制限)
890円
(1GB)
回線 ドコモ

ソフトバンク

ドコモ ドコモ

au

ソフトバンク

かけ放題 5分間
(月額500円)
なし 10分間
(月額850円)
スマホの購入 なし なし できる
データのみプラン あり あり あり

詳細は以下から確認できます。

→ b-mobileの詳細へ

→ ロケットモバイルの詳細へ

→ QTモバイルの詳細へ

格安SIMが到着したらAPN設定を忘れずに

格安SIMを申し込んで、自宅に届いたらスマホやガラケー、タブレットなどにSIMカードを入れてAPN設定をしましょう。

APN設定は、WiFi環境が必要ですので、WiFi環境が自宅にない場合には無料WiFiが使える場所に行くのがおすすめです。

また、APN設定をしないとデータ通信が使えませんので必ず行なってくださいね。

目安となる時間は、5分程度です。

ぜひ、参考にしてくださいね。

目的別に利用したい格安SIMの関連記事

→ 通話のみに最適な格安SIM

→ 24時間かけ放題が使える格安SIM

→ ガラケーを最安で使いたい場合の徹底比較

→ 高齢者にぴったりの携帯電話