格安simとWiFiルーターおすすめの選び方
家庭でも外でも小さなWiFiルーターを使って、インターネットや動画を観たくはありませんか。

また、月々の料金をできるだけ安く使える格安simとWiFiルーターが欲しくはありませんか。

初めにお伝えしておきますと、2つのMVNOではこちらでご紹介します、3つのWiFiルーターと格安simをセット購入して少ない通信量なら安く使うことができます。

ただし、毎日インターネットがしたい、動画をたくさん観たい方には、月額料金が5,000円前後となりオススメとはいえません

もし、毎月の通信量が20GBを超える方には、毎月2,800円前後で利用でき、通信量が無制限で使える、最安値のプロバイダーの「とくとくBBのWiMAX」がオススメです。

また、安くて通信速度の速い格安simとWiFiルーターの組み合わせが欲しい方には、1つだけ本当に使えるMVNOがあります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

WiFiルーターって何?

wifiルーターとはこんなもの
WiFiルーターは、データ専用のsimカードを挿すだけで、ネットができる端末です。

サイズは、スマホよりも小さいのでどこにでも持ち運ぶことができ家や外出先でも利用する事ができる、モバイルWiFiルーター端末です。

また、WiFiルーターは、約10台ほど複数の機器と接続できるので、スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機器などに同時に電波を飛ばすこともでき便利な端末です。

現在では、「WiFiルーター」「モバイルルーター」「ポケットWiFi」などといった呼び方がありますが、こちらでは全て「WiFiルーター」としてお伝えしていきます。

格安simとWiFiルーターを利用する5つのメリット

格安simとWiFiモバイルルーターのセットを利用するメリットは以下5つになります。

  • スマホのバッテリーの寿命を縮めなくても良い
  • スマホの通信量が速く無くならない
  • 2年縛りがなくいつでも解約できる
  • 利用できるエリアが広い
  • 使っていないスマホを再利用できる

スマホのバッテリーの消耗や

現在、WiFiルーターや光などの固定回線が家庭にない方が、パソコンやタブレットを利用したい場合には、スマホのテザリングを使って接続しませんか。

しかし、スマホのテザリングを利用すると、モバイルバッテリーを持っている方ならいいのですが、バッテリーの消費が早くなって、すぐに充電しなければいけませ。

また、スマホのバッテリーの寿命が早くなるなど、デメリットになってしまいます。

データ通信量をセーブできる

そして、致命的な欠点は、スマホのテザリングでパソコンなどを使うとスマホのデータ通信量がすぐになくなってしまうことです

しかし、格安simとWiFiルーターを組み合わせて使う事で、月々のスマホのデータ通信量を節約することができます

2年縛りがなくいつでも解約できる

WiFiルーターに格安simを挿して使いたい場合には、MVNOでデータ通信SIMの契約をしなくてはいけません。

しかし、データ通信SIMには契約期間がなくいつでも解約できるといったメリットがあります。

また、違約金などもありませんので、解約時に余計な費用もかかる事もありません。

通信エリアが広くどこでも使える

WiFiルーターといえば、キャリアの回線が使えるタイプのWiFiルーター、WiMAXの電波を使って通信をするWiFiルーターがあります。

しかし、格安simでは、キャリアの回線を使っているので田舎や山などでも安心して通信を使うことができます。

お住いのエリアで通信が可能か知りたい方は↓から調べてみてくださいね。

→ docomoの通信エリア

→ auの通信エリア

simカードがないスマホでもWiFiのみでネットができる

以前に購入した使っていないスマホを持っている事ってありませんか。

もし、使っていないスマホを持っていて、MVNOの回線とスマホの通信規格が適合すれば、テザリング機能を使って、WiFiルーターとして再利用する事ができます。

この使い方なら、バッテリーの寿命を気にすることなくが短く、ゲームアプリ専用として、外出した時にパソコンやタブレットで、インターネットをすることもできますよ。

格安simとwifiルーターを利用するデメリット

格安simとwifiルーターを利用するデメリット
格安simとwifiルーターを利用したい場合のデメリットは、たった1つです。

モバイルルータの購入する費用が必要なことです。

simフリーのモバイルWiFiルーターを購入する費用が必要

格安simとWiFiルーターを利用したい場合には、simフリーのモバイルWiFiルーターを購入しなくてはいけません。

格安simと組み合わせるのに最適な、おすすめできるWiFiルーターの価格は1万円前後〜2万円前後します。

もし、端末代金の費用を抑えたいと思う方は、24回の分割払いにするなどをして購入すると月々の負担額が少なくてすみますのでオススメです。

仮に1万円〜2万円のWiFiルーターを購入して、2年間(24回払い)利用したとすると月々格安simのプランとは別に416円〜833円の費用がひと月にかかってしまいます。

しかし、月々の支払い額がそんなに高くありませんので、使い方次第ではデメリットというわけではないかもしれませんね。

では、次では選んで間違いのないおすすめのWiFiルーターをご紹介いたします。

選んで間違いないおすすめのWiFiルーター

選んで間違いないおすすめのWiFiルーターは以下の3つになります。

  • NEC Aterm MR05LN
  • HUAWEI E5577
  • Aterm MP01LN

NEC Aterm MR05LN

NEC Aterm MR05LN

下は、Aterm MR05LNのスペックになります。

メーカー NEC
価格 19,700円
amazon調べ
サイズ W 63mm
H 111mm
D 11mm
重さ 115g
バッテリー 2,500mAh
対応バンド LTE
1/3/8/11/18/19/21/17W-CDMA
1/6/8/9/19/5
通信速度 LTE:150Mbps
simサイズ nanoSIMカード
ポイント デュアルsim対応

海外でも利用できる

Aterm MR05LNは、サイズは小柄ながら2枚のsimカードが挿れられ、docomo回線とau回線の格安simのどちらでも利用する事ができます。

また、連続待受時間は、500時間、連続通信時間はWiFiテザリング時で14時間、Bluetooth接続時で30時間とかなり長い時間使う事ができます。

そんな、Aterm MR05LNは、日本ではもちろん海外でも利用できる万能のWiFiルーターとなっています。

HUAWEI E5577

HUAWEI E5577
下は、HUAWEI E5577のスペックになります。

メーカー HUAWEI
価格 9,500円
amazon調べ
サイズ W 96.8mm
H 58mm
D 17.3mm
重さ 112g
バッテリー 3,000mAh
対応バンド LTE
1/3/5/7/8/19/20W-CDMA
1/2/5/6/8/19/
通信速度 LTE: 150 Mbps

Wi-Fi: 300 Mbps

simサイズ 標準SIMカード
おすすめポイント 大容量バッテリーで
12時間も通信できる専用アプリで
スマホから電池残量が
わかる

HUAWEI E5577は、価格が安いのに、連続待受時間が600時間、連続通信時間が12時間と大容量バッテリーが搭載されているWiFiルーターです。

また、端末は、クレジットカードのサイズと同じですので、ポケットやカバンの中に入れても邪魔にある事がありません。

そして、専用ケーブルを使えばスマホなどに給電ができるので、スマホのバッテリーの充電がない場合でも安心できる端末です。

そんなHAWEI E5577は、国内だけではなく、海外旅行に行った場合でも対応している国であれば現地のSIMカードが使え通信に困る事がありません。

Aterm MP01LN

Aterm MP01LN
下は、Aterm MP01LNのスペックになります。

メーカー NEC
価格 9,800円
amazon調べ
サイズ W 50mm
H 12mm
D 91mm
重さ 71g
バッテリー 1,670mAh
対応バンド FD-LTE
1/19/26
通信速度 受信時 150Mbps

送信時 50Mbps

simサイズ nanoSIMカード
おすすめポイント WiFiルーターの中では最軽量
連続待受時間が最大900時間

Aterm MP01LNは、小型ながら連続通信時間が10時間と長く通信をする事ができます。

また、データ通信を使うためのAPN設定をせずに、nanoSIMカードを挿して電源を入れるだけですぐに使う事ができます。

そんな、Aterm MP01LNは、ディスプレイも見やすく使いやすい簡単なWiFiルータとなっています。

格安simとWiFiルーターをセット購入できるおすすめのMVNO

現在購入できる格安simはAterm MR05LNが以下のMVNOとなっています。

  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio(みおふぉん)
  • 楽天モバイル
  • mineo

HUAWEI E5577が購入できるMVNOは以下のMVNOとなっています。

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • DMMモバイル

また、Aterm MP01LNを格安simとセット購入できるMVNOは以下となっています。

  • 楽天モバイル
  • mineo

となっていますので端末代金を見ていきましょう。

MVNO Aterm MR05LN HUAWEI E5577 Aterm MP01LN
BIGLOBE
モバイル
24回払い
970円
IIJmio 一括払い
22,000円
24回払い
950円
楽天モバイル 一括払い
21,900円
一括払い
9,800円
一括払い
10,800円
24回払い
985円
24回払い
441円
24回払い
486円
mineo 一括払い
22,800円
一括払い
9,600円
一括払い
7,800円
24回払い
950円
24回払い
400円
24回払い
350円
DMMモバイル 一括払い
9,980円
24回払い
531円
SIMカード
の種類
nanoSIMカード 標準SIMカード nanoSIMカード

こちらでは、MVNOで格安simとWiFiルーターをセット購入した場合の料金の比較をしてみました。

その中でも、Aterm MR05LNを格安simとセット購入するなら、「IIJmio(みおふぉん)」と「mineo」が最安値となっています。

HUAWEI E5577の場合は、格安simとセット購入するなら、「mineo」が最安値となっています。

また、Aterm MP01LNを格安simとセット購入した場合でも、「mineo」が最安値となっていますね。

もし、格安simとAterm MR05LNをセット購入しない方は、ネットなどで端末を購入すると安いのでオススメです。

WiFiルーターと格安simをセット購入したい時のMVNOの選び方

Aterm MR05LNと格安simをセット購入するならもっとも安く購入できる「IIJmio」か「mineo」がおすすめです。

IIJmio(シンプルなプランと大容量オプションで快適)

iijmio(みおふぉん)

  • Aterm MR05LNの一括購入なら22,000円
  • Aterm MR05LNの24回分割払いなら月々950円
  • 簡単な3つのプランのみ

IIJmio(みおふぉん)では簡単な3つのプランから通信量を選ぶ事ができます。

また、docomo回線とau回線を選ぶ事ができますが、au回線では「データ通信SIM+SMS機能付きSIM」の契約しかできないために、docomo回線を選ぶ事をおすすめいたします。

IIJmio(みおふぉん)とWiFiルーターにおすすめのプラン

通信容量 データ通信SIM
ミニマムスタート
プラン
3GB 900円
ライトスタート
プラン
6GB 1,520円
ファミリーシェア
プラン
12GB 2,560円

とにかくたくさん通信をしたい方は、12GBのファミリーシェアプランがもっともおすすめです。

また、12GB以上の通信量が欲しい方は、データオプションに加入すると、20GB、30GB、の大容量を使う事もでき、データ量の少ない動画なら楽しむ事もできますよ。

  • 20GB/3,100円
  • 30GB/5,000円

ぜひ、WiFiルーターとIIJmio(みおふぉん)の組み合わせで楽しんでくださいね。

mineo公式サイトをみる

mineo(どんなWiFiルーターでも最安値で購入できる)

mineo

  • 一括購入なら22,800円
  • 24回分割払いなら月々950円
  • 様々な通信量プランを選べる

mineoは、docomo回線、au回線、softbank回線に対応している格安simです。

24回払いなら「Aterm MR05LN」で使えますので安くてお得です。

mineoとWiFiルーターにおすすめのプラン

下記には料金プランを記載していますが、softbank回線のプランは、docomo回線とau回線よりも月額料金が少し高いために記載していません

docomoプラン
データ通信SIM
auプラン
データ通信SIM
500MB 700円 700円
3GB 900円 900円
6GB 1,580円 1,580円
10GB 2,520円 2,520円
20GB 3,980円 3,980円
30GB 5,900円 5,900円

mineoは、500MBの通信量から30GBの通信量が用意されていますので、たまに通信をしたい方や動画を観たい方まで、目的に合った通信量の選び方ができますね。

ぜひ、WiFiルーターとmineoの組み合わせを楽しんでくださいね。

mineo公式サイトをみる

UQモバイル(とにかく通信速度が速い)

uqモバイル

UQモバイルは、WiFiルーターを購入する事はできませんが、au回線の格安simを提供しているMVNOで、WiMAXを提供している事でも有名な通信事業者です。

選べる通信量は3GBと少ないので、たまにインターネットを使いたい方にしか向いていませんが、格安simの中でもっとも通信速度が速く快適なために選ばせていただきました。

実際の通信速度をご用意しましたのでご覧ください。

実際の通信速度
こちらの通信速度は、実際にAterm MR05LNに、UQモバイルのデータ通信simを挿して測った速度です。

こんなにも速い通信速度がでて快適な通信ができる格安simは、UQモバイルのみです

もっとも快適な格安simとWiFiルーターの組み合わせなのは、わかっていただけたかと思います。

では、プランの詳細をみてみていきましょう。

UQモバイルのプランの詳細

  • データ高速プラン(3GB):月額980円
  • 最低利用期間:なし
  • 解約時の違約金:なし
  • Aterm MR05LNの対応SIMカード:nanoSIMカード

ぜひ、高速通信ができるUQモバイルを体験してみてくださいね。

UQモバイル公式サイト

まとめ

まとめ
こちらでは、格安simとWiFiルーターのおすすめの選び方についてお伝えいたしました。

その中でも、少ない通信量で速い格安simを選びたい方には「UQモバイル」が最適だという事がわかりました。

また、格安simとWiFiモバイルルーターをセット購入したい方は、少ない通信量プランであれば「IIJmio(みおふぉん)」と「mineo」が最適だという事がわかりました。

しかし、20GBを超える通信量が欲しい方には、月額料金が高くなってしまうために、ネットや動画をメインで使いたい方には、「GMOとくとくBBのWiMAX」がおすすめです。

なぜなら、高額なキャッシュバックがあり、月額2800円前後と安く通信速度が速く、通信量を無制限に使えるからです

ぜひ、目的にあったWiFiルーターを選んでくださいね。