1GBプランの格安sim
1GBプランの格安simをお探しですか。

1GBプランは少しのデータ量しか使えない為に、メールやLINEを使いたいだけの方には向いています。

しかし、動画を見たり、スマホのアプリの更新を頻繁にしたい方はそれ以上は「3GBプランが使える格安sim」がおすすめです。

では、1GBプランの格安simにはどんなものがあるのでしょうか。

ぜひ、参考に見てくださいね。

1GBプランでどんなことをしたいかがポイント

ご家庭にWiFi環境はありますか。

1GBプランの格安simは、限られたデータ通信容量しか使えない為に少しだけ「SNS」、「メール」、「LINE」だけを使いたい方に向いているプランです。

データ量1GBでできること!通信量の目安

単位の目安 1GB
メール
(テキスト)
100文字 19万8千回
ホームページ 300KB 3,300回
LINE
(通話)
1分(0.3MB) 約57時間
LINE
(トーク)
1回あたり(2KB) 50万回
YouTube 360P
(標準画像)
4時間程度

目安として分かりやすくする為に、上の表では通信量1GBで何がどれだけできるのかを記載しました。

また、YouTubeは360P(標準画像)の場合で記載しましたので、HDで視聴した場合にはもっと少ない時間しか動画を観る事はできません。

ですので、データ通信容量を選ぶときには、何をどのくらい使うかを、決めておいた方が良いということになります。

1GBプランの格安SIMを選ぶ2つのポイント

1GBプランの選び方
1GBの通信容量で、どれだけの事ができるかを見ていただきました。

せっかく格安simを使ったのに「通信速度が遅い」、「使いにくい」などの不満が出てきた場合には、すぐに他社に乗り換えることも視野に入れておきたいものです。

ですので、最低利用期間を知っておくのも1つです。

最低利用期間は、音声通話SIMを契約した場合のみあり、データ通信SIMを契約した場合にはありませんので、覚えておいてくださいね。

では、今からは1GBプランの格安simを選ぶポイントについてお伝えします。

高速通信ON/OFFが使える格安SIMを選ぶとデータ量を消費しなくてすむ

高速通信のONとOFF
高速通信ON/OFFとは?

  • 高速通信がONで通常の通信速度で使える
  • 高速通信がOFFで低速通信になるが通信容量が消費されない

高速通信がONの状態で通常の通信速度(高速通信)で格安SIMを利用でき高速通信をOFFにしている状態で通信速度に制限がかかってしまうが通信容量が消費しないでデータ通信が利用できるというものです。

全てのMVNOで高速通信のON/OFFが利用できる訳ではありませんが、こういったサービスが利用できる格安SIMを選ぶ事で通信容量が足りない時には通信容量を節約してデータ消費を抑える事ができます。

バースト転送機能が使える格安SIMを選ぶと最初だけ通信速度が速くて快適


バースト転送機能とは?

  • 低速通信時でも最初の数秒だけ高速でデータ通信を使う事ができる

低速通信しか利用できない時でも最初の数秒間だけ高速通信が利用できメールやLINE、軽いネット程度ならスムーズに送受信などができる機能です。

例えば!
通信速度に制限がかかっている状態でデータ通信を利用すると通信速度が遅いためになかなかネットに繋がらないなんて事はありませんか?

そんな時に便利なのがバースト転送機能になっており、あると便利な機能ですので通信容量を使い切ってしまう方はこの「バースト転送機能」が使える格安SIMを選ぶようにしましょう。

格安SIMの1GBプランのサービスの詳細を比較

こちらでは1GBプランの格安simを見ていきます。

比較する時は以下のポイントを見てくださいね。

  • データを使い切った場合の通信速度
  • バースト転送機能
  • 高速通信のON/OFFの有無
  • 最低利用期間と違約金(音声通信SIMのみ)
MVNO 音声通話SIM データ通信SIM データを使い切った時の通信速度 バースト
転送機能
高速通信
ON/OFF
最低利用期間 違約金 回線
LINEモバイル 1,200円 500円 200Kbps × × 12ヶ月 9,800円 docomo
ロケットモバイル 1,250円 590円 200Kbps × 12ヶ月間 9,500円 docomo
BIGLOBE
モバイル
1,400円 200Kbps × × 13ヶ月 8,000円 docomo

au

mineo 1,500円
(1,410円)
800円 200Kbps 12ヶ月以内のMNP転出のみ9,500円 docomo

(au)

U-mobile 880円 200Kbps × × なし なし softbank
DMMモバイル 1,260円 480円 200Kbps 13ヶ月 8,000円 docomo
イオンモバイル 1,280円 480円 240Kbps 6ヶ月以内 8,000円 docomo

au

エキサイトモバイル 1,360円 660円 200Kbps 12ヶ月間 額は不明 docomo
b-mobile 990円 200Kbps × データ容量を
購入した場合のみ
可能
4ヶ月 8,000円  docomo

SoftBank

DTI SIM 1,200円 600円 200Kbps × × 12ヶ月以内 9,800円 docomo

初めにお伝えしておきますと、1GBプランのおすすめの格安simは以下となっています。

  • docomo回線なら「ロケットモバイル」、「イオンモバイル」、「DMMモバイル」
  • au回線なら「mineo」
  • softbank回線なら「b-mobile」

上記の格安simは、同じ回線のスマホであれば、そのまま使うことができます。

ただし、別の回線を使いたい場合は、SIMロック解除をしないといけませんので注意してくださいね。

1GBプランがおすすめの格安sim

先ほどお伝えしました、1GBプランがおすすめの格安simの詳細をお伝えします。

ロケットモバイル

ロケットモバイル

ロケットモバイルは、docomo回線の中では一番おすすめしたい格安simです。

音声通話SIMは、1,250円、データ通信SIMなら590円と安く使うこともできます。

また、上記のプランとは別に「神プラン」というのがあり、通信速度は常に200Kbpsと制限されますが、通話プランなら948円、データプランなら248円で使うこともできます。

ロケットモバイル公式サイトをみる

イオンモバイル

イオンモバイル
イオンモバイルは、docomo回線だけではなく、au回線も使える格安simとなっています。

また、最低利用期間や違約金がないので、お試しとして使いたい方には最適です。

MNPをする前に使いかってを知りたい方にはぴったりです。

イオンモバイル公式サイトをみる

b-mobile

b-mobile
b-mobileは、JUST FIT 990プランなら毎月1GBまでは、990円で使うことができます。

また、電話をたくさんかけたい方には、5分間の通話が何回でもかけられるオプションが月に500円で使えサービスも抜群です。

回線は、docomoの他にsoftbank回線もあり、SIMロック解除をしなくても幅広いスマホをそのまま使うことができます。

b-mobile公式サイトをみる

DMMモバイル

dmmモバイル
DMMモバイルは、docomo回線のみ対応している格安simとなっています。

もちろん、docomoのスマホならそのまま使えるので、SIMロック解除するのが面倒な方には最適です。

また、キャンペーン中なら3,240円の契約手数料が無料になりますので、早めの申し込みが良さそうです。

DMMモバイル公式サイトをみる

mineo

mineo
mineoは、サポートが抜群に良い格安simで、家族間で50円割引、データ量を分け合える事もできます。

もし、初めて格安simを使うという方にはサポート体制もしっかりしているのでぴったりですよ。

mineo公式サイトをみる

まとめ

こちらでは、1GBプランの格安simについてお伝えいたしました。

その中でも、どこの格安simにすれば良いかわからない場合は、最低利用期間や違約金がない「イオンモバイル」を選ぶのがおすすめです。

ぜひ、利用したい格安simを見つけてくださいね。