lineモバイルとwimaxの組み合わせ
LINEモバイルを契約して毎月のスマホ代とネット代金を安くしたいとお考えではないですか。

実は、簡単にLINEモバイルの一番小さいプランとWiMAXを契約することで、毎月の料金を8,000円近く節約することができ電話もできて、データ量を使い放題にすることができます。

ただし、WiMAXのプロバイダの選び方を間違ってしまっては、月々の料金が高くなって後悔することになります。

ですので、こちらでは、LINEモバイルと後悔しない最安WiMAXの最適な組み合わせをご紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

結論!LINEモバイルとWiMAXの併用で安く使うことができる

LINEモバイル WiMAX
データ量 1GB 使い放題
実質月額料金 1,200円 3,054円
契約期間 1年間 3年間
トータル月額料金 4,254円

上の表に記載しているのが、もっとも電話とネットを安く使う方法になります。

この方法なら8,000円近いキャリアの月額料金よりも4,000円近く節約できるのでおすすめです。

また、この中で、重要になるのが一番安いプロバイダのWiMAXを契約することになり、もっとも安く使うことができるのは「GMOとくとくBB」です。

しかし、そんなに毎月データ量を使わない、SNSしか使うことがない方はLINEモバイルだけの契約でもお得に使うことができます。

では、1つ1つみていきましょう。

まずは月々の通信量からLINEモバイルのプランを選ぶ

LINEモバイルは、docomo回線、softbank回線の格安SIMですのでドコモのスマホやソフトバンクのiPhoneならそのまま使うことができます。

また、MNP転入をすると今お使いの電話番号をそのまま使うことができます。

LINEだけで通話をしたい方はLINEフリープラン

lineフリープラン

LINEフリープランは、音声通話SIMとデータ通信SIM、SMS機能付きデータ通信SIMの3つから選ぶことができます。

月々のデータ量は「1GBのみ」ですが、月額料金は以下となっています。

  • 音声通話SIM:月額料金1,200円
  • データ通信SIM:月額料金500円
  • データ通信SIM(SMS機能付き):月額料金620円

また、こちらのプランは、LINEをいくら使ってもLINEのデータ量が消費しないのでLINEだけをよく使う方に向いているプランです。

→ LINEモバイル公式サイト

たくさんのSNSを使う方にはコミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、以下のSNSをいくら使ってもデータ量が消費しないのが特徴です。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

SIMの種類は、音声通話SIMとデータ通信SIMの2つを選ぶことができ、料金料金はこうなっています。

データ通信SIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

音声通話SIMなら月額1,110円〜使うことができるので、SNSを毎日使うけど、安く使いたい方には最適なプランですね。

WiMAXがいらない方はLINEモバイルの7GBまでがおすすめ

WiMAXの実質月額料金は3,054円なので、必要のない方はLINEモバイルの音声通話SIMで7GBまでのプランがおすすめです。

7GBまでならスマホのテザリングを使うことで、パソコンやタブレットでデータ通信をすることもできます。

もし、この使い方が良い方は、自動アップデートはOFFにしておき、アプリ更新は無料WiFiなどで行ってくださいね。

→ LINEモバイル公式サイト

では、次ではWiMAXを併用したい方に最適なプロバイダを見ていきましょう。

固定回線になるWiMAXは最安プロバイダを選ぶのがおすすめ!

プロバイダ GMOとくとくBB Broad WiMAX カシモWiMAX
通信量 無制限 7GB 無制限 7GB 無制限 7GB
月額料金 1〜2ヶ月
3,609円3ヶ月目
〜36ヶ月目
4,263円
3,609円 1〜2ヶ月
2,726円3ヶ月目
〜36ヶ月目
3,411円
25ヶ月間
2,726円26ヶ月目
〜36ヶ月目
3,326円
初月1,380円

1ヶ月目1,380円

2ヶ月目
〜24ヶ月目
3,580円

初月1,380円

1ヶ月目1,380円

2ヶ月目
〜24ヶ月目
2,980円

端末代金 無料 無料 無料
キャッシュバック 最大42,200円 18,857円 なし
契約期間 3年間 3年間 2年間
トータル
月額料金
109,960円 87,724円 121,426円 104,736円 77,940円 68,320円
実質
月額料金
3,054円 2,437円 3,373円 2,909円 3,724円 2,846円

この中で一番安く使うことができるWiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB」となります。

もし、WiMAXを2年契約で使いたい場合は「カシモWiMAX」もありかもしれませんが、安く使いたい方はGMOとくとくBBがおすすめです。

もっとも安く使うことができるのはGMOとくとくBB

GMOとくとくBB
GMOとくとくBBのWiMAXは、固定回線を引かなくてもモバイルルーター端末が届けばすぐに使うことができます

また、端末の代金は無料で、一度に最大10台の機器を繋げて使うことができるのが特徴です。

しかも、WiMAXは、持ち運ぶことができるので、家でも、外でも使うことができ、出張に行った場合でも便利なポケットWiFiになります。

公式サイトにリンクしています↓

通信速度は40Mbps以上もでる


上の画像がWiMAXの通信速度を測ったものになります。

ダウンロードが46.40Mbps、アップロードが55.05Mbpsも出ていますので、ネットサーフィンはもちろん高画質の動画まで快適に楽しむことができます。

LINEモバイルでは、お昼間がダウンロードで8〜10Mbps程度、夕方なら5〜7Mbps程度しか出ませんのでWiMAXの方が優秀ですね。

速度制限にかかっても1Mbpsの通信速度で快適

ただし、3日間で10GBを使った場合には翌日の18時から翌々月の2時まで通信速度に制限がかかります。

しかし、1Mbpsの通信速度でネットを使うことができますので、YouTubeの標準画質の動画なら快適に視聴することができます。

エリアは広く繋がりやすい

wimaxのエリア

上の画像のピンク色の部分がWiMAXが使えるエリアになります。

エリアは、UQWiMAXが提供しているエリアと同じで広範囲で使うことができ、都会で使うなら、ほとんどの場所で圏外になりにくいのが特徴です。

また、先ほどご紹介しました「GMOとくとくBB」では、ピンポイントエリア判定をして「◯」が出て使えなかった場合には20日以内にキャンセルできるサービスがあります。

利用者に優しいWiMAXのプロバイダですね。

気になる方は「エリア判定」をしてみてくださいね。

もし、エリア判定をして利用不可だった場合には、2,000円台で20GB使うことができるソフトバンク回線の「ネクストモバイル」を使うのも1つです。

有線LANとして使いたい場合はクレードルが必要

クレードル

WiMAXは、クレードルを使うことで以下のことができるようになります。

  • 置くだけで充電できる
  • 有線で接続できる
  • 無線LANとして使うことができる

有線接続とは、クレードルを使って無線機器に対応していない端末でもネットを使うことができるものです。

クレードルがあると、モバイルルーターを無線LANとして使うこともできます。

しかし、選ぶモバイルルーターによっては、クレードルを申し込み時に購入してしまうと、キャッシュバック額が下がってしまうのでおすすめではありません。

もし、気になる方は、後からでもネット購入ができますので、申し込み時に購入しないようにしてくださいね。

とくとくBBの料金プランはギガ放題がおすすめ

とくとくBBの料金プランは使い放題がおすすめ

GMOとくとくBBは、使い放題のギガ放題プラン、毎月7GBまでデータ通信が使えるライトプランがありますが、ギガ放題プランがおすすめです。

なぜなら、毎月の月額料金は600円程度しか変わることなく、データ通信を使い放題にできるからです。

もし、600円でも高く感じる場合は、LINEモバイルの料金プランを少し安くするなどして調整するのがおすすめです。

もし、そんなにデータ量を使わない場合は、WiMAXのプラン変更をして毎月の料金を調整することもできますよ。

WiMAXを安く使う全手順

WiMAXを安く使う手順はキャッシュバックの多い端末を選びプランを選ぶだけです。

まずは、こちらのGMOとくとくBBの公式サイトに行ってください。

比較サイトから申し込むとキャッシュバック額が変わりますので、上のリンク先から公式サイトに行ってくださいね。

①キャッシュバックの多いモバイルルーターを選ぶ

キャッシュバックが最高額のモバイルルーター

2018年12月にキャッシュバックが最高額のモバイルルーターは「WX04」だけです。

この「WX04」以外のモバイルルーターを選んでしまっては、最高額のキャッシュバックがもらえず安く使うことができませんので注意してくださいね。

あとは、プランを選んで順番に手続きをするだけで大丈夫です。

②契約後に付いてくるオプションを外す

GMOとくとくBBを申し込むときにはいか2つのオプションに加入しなくてはいけません。

  • 安心サポートか安心サポートワイド
  • WiFi接続オプション

安心サポートは月額300円かかり、WiFiオプションは月額362円でトータルで毎月662円もかかってしまいます。

この2つのオプションを契約後すぐに外すことで安く使うことができますので、忘れずに行ってくださいね。

③キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックは、端末発送月から11ヶ月目に「指定口座確認」のメールが届きます。

メールの送信日から翌月の末日までに、返信をすることでキャッシュバックを受け取ることができますので、忘れずに返信するだけですね。

もし、キャッシュバックを受け取るのが面倒な方は、月額2,170円から使えるGMOとくとくBBもおすすめです。

公式サイトにリンクしています↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LINEモバイルは、通話機能が使えて最安なら月額1,200円で使うことができ、WiMAXは使い放題プランを契約しても実質月額3,054円で使えることがわかりました。

実際にどちらも契約をした場合には、トータル月額が5,000円以内で使うことができます。

月額8,000円前後のキャリアと固定回線の約5,000円の毎月の費用を考えても約8,000円も費用を抑えることができます。

ぜひ、少しでも費用を安くスマホとネットを快適に利用してくださいね。