楽天モバイルのスーパーホーダイ

[結論]スーパーホーダイはこんな方は使うべき

スーパーホーダイを使うのに向いているのはどんな人?
楽天モバイルのスーパーホーダイを使うべきか。についてまずお話しいたしますとこういった方には向いている格安simだと言えます。

  • ドコモのスマホでそのまま格安SIMを使いたい
  • 低速モード使って通信量を節約したい
  • 10分かけ放題を使いたい
  • 楽天ポイントを貯めたい人など

楽天モバイルはdocomo回線の格安simなのでドコモのスマホならそのまま使うことができます。

 

また低速モードの切り替えができOFF時で通信量を消費しないで使うことができます

 

高速通信OFF時の通信速度は最大1Mbpsなので他社よりも速い通信速度で使うことができるのがメリットですね。

 

そして2018年7月から5分かけ放題が10分間に延長されるので長い電話をかけたい方にはぴったりのプランだと言えます。


→ 楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルのスーパーホーダイの評価できるポイント

音声通話SIMのみのプラン

楽天モバイルには音声通話SIMとデータ通信SIMが選べる組み合わせプラン

もう1つは通話(10分かけ放題)とデータ通信がセットになった音声通話SIM専用のスーパーホーダイプランとなっています。

スーパーホーダイプランでは2GB、6GB、14GBと3つの通信量を選ぶ事ができ低速モードでは最大1Mbpsの通信速度が使い放題になるというのが特徴です。

通信量を節約したい方には最適なプラン

今お伝えしましたようにスーパーホーダイプランでは最大1Mbpsの通信速度が使い放題なので

高速通信を使いたい時以外は低速モード(1Mbps使い放題)をうまく活用して高速モードを使わないのがおすすめです。

 

ただし通信が込み合う時間帯の12時~13時、18時~19時は通信速度が最大300kbps程度と公式サイトにもしっかり記載されていますが

 

通信が込み合う時の通信速度は低速モードでなくても速度は遅いので気にする必要はありません。

という事は、スーパーホーダイプランの2GBの通信容量プランを選んでおいて高速通信が必要な時以外は低速モードにしておく事で安く使う事もできますね。

ではスーパーホーダイの詳しい料金プランご紹介です。

スーパーホーダイは3つの通信量を選べる

  • スーパーホーダイプランの詳細
プランS プランM プランL
通信量 2GB 6GB 14GB
通常の月額料金 2,980円 3,980円 5,980円

スーパーホーダイは音声通話SIMのみ契約できるので通話+データ通信+SMSのどちらも利用ができるプランとなっています。

※データ通信SIMのみの申し込みはできません

 

また10分かけ放題がプランに込みで使う事もでき10分以内の通話なら何回でもかける事ができます。

通常の通話料は30秒あたり20円です。
しかし、かけ放題の10分間の通話時間を超えた場合でも30秒あたり10円で安く電話をかける事もできます。

またスーパーホーダイの月額料金はある事をするだけで今お伝えした月額料金より安く使う事もできますよ。

楽天会員は1,000円割引で安く使える

プランS プランM プランL
通信量 2GB 6GB 14GB
通常の月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
月額料金
楽天会員の場合
1,980円 2,980円 4,980円
ダイヤモンド会員 1,480円 2,480円 4,480円

スーパーホーダイではプランSで月額2,980円のところを楽天会員に加入するだけで月額1,980円で使う事ができるのです。

スーパーホーダイの楽天会員割は、新規契約した方が対象で楽天会員ユーザーIDを登録した時点で1,000円割引が1年間適用されます

またダイアモンド会員だとさらに月額500円も割り引いてくれるので1,480円から安く使う事もできますね。

スーパーホーダイの評判は?実際に使っている方の口コミを紹介

スーパーホーダイプランは割引サービスでお得に使えるのはもちろん、最大のポイントとなっている最大1Mbpsの通信速度が魅力です。

 

通信量の小さいプランを選んで最大1Mbpsの低速モードをうまく活用すると通信量を節約する事ができるとお伝えしました。

 

実際はどのくらいの通信速度かを口コミを交えてお伝えしますが1Mbpsでどんな事ができるのかをまずはお伝えいたします。

 

こちらではスーパーホーダイを実際に使っているツイッターの評判や口コミをご紹介いたします。

最大1Mbpsの通信速度でできる事

スーパーホーダイの1Mbpsの通信速度で出来る事
楽天モバイル公式サイトに記載してあるものを解説いたします。

最大1Mbpsの通信速度で出来る事はメッセージやメールのやり取りは快適でWEB(ホームページ)の回覧は問題がなく見れるレベル

 

動画再生についてですがyou tubeでHD画質(720p)を視聴した時は動作が遅くなり途切れることがある。

標準画質(480p以下)で動画を観た場合だと問題のないレベルとなっています。

 

では次は実際スーパーホーダイを使っている方々はどうなのか?気になりますよね。

 

評判や口コミを集めましたので見ていきましょう。

あまり良くない口コミからご紹介

こちらは2018年3月の通信速度についての口コミです。


スーパーホーダイのプランSの契約で使える2GBの通信量を使い切ってしまっても高速通信の時と低速通信の時の通信速度に大差がなく気づかないといった口コミがありました。

上記の計測した通信速度を見てみますと560Kbpsとなっていますがスーパーホーダイで利用できる通信速度(最大1Mbps)の半分の通信速度となっています。

決して速いスピードとは言えませんが他社のMVNOでは低速通信時で200kbpsの通信速度ほどしか出ませんので考え方によっては良い方なのかもしれません。

良い口コミ


300kbps規制の終わる19時台からスーパーホーダイを使ってみても通信速度に不満もなく「想像以上に使える」という口コミですね。

1Mbpsの通信速度を利用してSIMカードだけをモバイルルーターでポケットWifiとして使っても通信速度に問題がないといった声もあります。

毎月通信制限にかかっていた方がスーパーホーダイに乗り換えたら快適などなど速度に関しましては評判は悪くなくスーパーホーダイは使えるプランと言っても良さそうですね。

楽天モバイルの公式サイトをみる

スーパーホーダイの通常時の実際の通信速度はどんなもの?

スーパーホーダイの通信速度

  • 平均通信スピードは1Mbps〜2Mbps程度
  • 混雑時には1Mbpsも出ない事もある

こちらのスーパーホーダイの通信速度は低速モード(1Mbps使い放題)のスピードではなく通常時の通信速度を記載しています。

時間帯によっては遅い事もある

スーパーホーダイの実際の通信速度は1Mbps〜2Mbps程度となっており通勤時間帯やお昼間(12時台)の通信が混雑する時間帯の通信速度は遅い時で0.2Mbps〜0.9Mbps程度となっています。

 

格安SIMではよくある通信スピードですので速い通信速度でスマホを使いたいなら通信速度が混雑する時間帯を避ける事で解決する事が少しはできるかと思います。

スーパーホーダイのメリット

使った通信量をいつでも確認できる


楽天モバイルのSIMアプリをダウンロードして今月の高速通信の残容量を確認でき最大で直近4日間のデータ通信量を確認することができます。

アンドロイドでアプリを使う場合はGoogle PlayからダウンロードiPhoneでアプリを使う場合はApple Storeからダウンロードできます。

余った通信量は翌日に繰越できる


例えば現在残っている通信料が500MBの場合には翌月にプラン内の月額通信量にプラス500MBが使えるというものです。

  • プランSだと2GBプラス500MBで2.5GB使える
  • プランMだと6GBプラス500MBで6.5GB使える

プラン変更をしても手数料がかからない


楽天モバイルのスーパーホーダイは毎月25日の23時59分までにプラン内の(S、M、L)ならプラン変更をしても一切手数料がかかりません

 

いつもはプランSを使っているけど来月はもっと通信料が必要!なんて時に役に立つサービスですね。

キャリアのような自動更新がない

スーパーホーダイには自動更新がないので利用しやすい
キャリアから楽天モバイルのスーパーホーダイに乗り換えたい場合、一番に気になるのが最低利用期間(2年縛り)や違約金に自動更新があるのかどうかではないでしょうか?

 

楽天モバイルでスーパーホーダイを利用した場合、1年と2年、3年間の契約期間を選んで使う事となるのですが契約期間(最低利用期間)をすぎるといつでも解約ができるように設定されており自動更新とななりません。

 

したがって契約期間がすぎた場合に契約解除をしても違約金も発生しないので安心して使う事ができますね。

スーパーホーダイは他のMVNOでは代用できないのか?

スーパーホーダイを使う疑問を解消します
先ほどお伝えいたしました楽天モバイルのスーパーホーダイの1Mbpsでできる事ですが。

  • メッセージやメールのやり取りは快適
  • WEBブラウジング(ネット回覧)はストレスなく回覧可能
  • 地図・ゲームアプリはストレスなく回覧可能
  • 動画再生は問題ないレベル
  • アプリダウンロードは耐えられるレベル

となっています。

 

今お伝えしました実際の通信速度は混雑時でない場合でも1Mbpsも出ない場合があります。

 

という事はSNSい程度なら問題ありませんが動画をたくさん観たい方は通信時にストレスがでる場合があると言う点です。

こんな時にオススメなのが

楽天モバイル以外の同じドコモ回線の「他社のMVNO・格安SIM」を選んでみると言う事です。

SNSだけを使うならLINEモバイルも1つ

例えば!

楽天モバイルのスーパーホーダイの1Mbps使い放題を利用してSNSを使いたいだけなら

  • LINEモバイルでSNSが使い放題になるプランを使う

と言う解決方法もあります。

動画サービスを使うならBIGLOBEモバイルも1つ

楽天モバイルのスーパーホーダイの1Mbps使い放題を利用して動画をたくさん観たいだけなら

  • BIGLOBEモバイルで動画などが使い放題になるオプションを使う

と言う解決方法を活用する事も1つの手ですので参考にしてみてください。

公式サイト→ LINEモバイル

公式サイト→ BIGLOBEモバイル

それでもスーパーホーダイを使いたい方には1年間〜3年間のどの契約年数が良いのかを次はお伝えします。

スーパーホーダイを使うなら契約年数の注意点を知っておいて損はない

楽天モバイルのスーパーホーダイは1年間、2年間、3年間の3つの契約期間を選べます。

スーパーホーダイの利用期間は開通した月を1カ月目として始まりますので2年間契約の場合の違約金はこうなっています。

  • 12カ月目以内の解約で19,800円
  • 13カ月目~24カ月目以内の解約で9,800円

3年間契約の場合の違約金はこうなっています。

  • 12カ月目以内の解約で29,800円
  • 13カ月目~24カ月目以内の解約で19,800円
  • 25カ月目~36カ月目以内の解約で9,800円

かなり高額な違約金が必要ですよね。

1年契約の場合は

  • 9,800円

2年間と3年間の契約期間で申し込みをするとキャッシュバックなどの特典がついてお得ではあります。

しかし2年〜3年間の利用期間が来る前に他社のMVNOを使いたい場合、上記のような違約金を支払うのは嫌ですよね。

となるとスーパーホーダイプランを1年契約で使う方が安全だと言えますね。

結論スーパーホーダイは使うべきか?

スーパーホーダイを使うのに向いているのはどんな人?
楽天モバイルのスーパーホーダイについてお話し致しましたがこんな方に向いているプランだと言えます。

  • ドコモのスマホでそのまま格安SIMを使いたい人
  • 通信費を節約したい人
  • 楽天ポイントを貯めたい人など

スーパーホーダイの最大1Mbpsの低速モードをうまく活用する事で2GBといった少ない通信量でもやりくりする事ができます

 

これなら毎日のSNS、メール、軽いホームページの回覧程度なら問題なく使える格安SIMですね。

 

また電話をよくかけたい方には10分かけ放題がついているので最適なプランではないでしょうか。

※2018年7月から10分かけ放題時間が10分間に延長されます。

かなり利用しやすい格安simになっていますね。

→ 楽天モバイル公式サイト